ブラジル人が日本で30時間拘留された後、プロセスを開始

出入国拘禁センターに収容されているブラジルの市民は、国外追放のために成田空港に向かう途中で30時間以上拘束されていることに対する身体的および感情的なストレスのために政府を訴える予定です。

31歳の男性は、福岡地方裁判所で間もなく開かれる訴訟で2百万円($ 18.500)の損害賠償を申し立てます。

弁護士によると、彼は5月に期限切れのビザで国内に滞在したために大村入国管理センターの2017から拘留され、暫定的な釈放の後、彼の自由を獲得しただけだという。

この件に関して、入国管理局の関係者は、「裁判所の文書を注意深く読んだ後、対応する」と述べた。

男性の弁護士によると、センターの従業員が8月の夜に6を呼び出して、目の苦情を処理しました。

彼が拘留された部屋を出た後、別の従業員は彼がブラジルに強制送還されていると言った。 この時点で、彼は手錠をかけられ、動きを制限するためにロープで縛られました。

男は、彼を成田空港に連れて行っていた車が故障し、何時間も動かせずに何時間も明かりなしで中を待たなければならなかったと主張しています。

日本に住んでいる親から警告を受けた弁護士は、即日訴訟を起こし、国外追放命令が無効であることを政府に確認しました。

国外追放命令はキャンセルされました。

入国管理センターに戻った後、男性は頭痛、体の左側のしびれ、食欲不振を訴えました。

彼は先月下旬に暫定的に釈放された後、入国管理センターから退院しました。 その男は2ヶ月で約20 kgを失いました。

弁護士によると、彼は自分の国に戻らざるを得ないことを切望している。

ソース: 朝日