日本の商取引銀行がエストニアの資産をトークン化する契約に署名

東京証券取引所に上場している東京に本拠地を置く商業銀行であるMBKは、エストニアの不動産トークン化に関する契約に署名しました。

日本の金融会社は月曜日の発表で、すでにEU加盟国で部分的な不動産を販売しているタリン・シンガポールの会社であるBitOfProperty(BOP)と協力すると発表した。 BOPは、現在首都の5つの物件を所有しており、5,3から6,59%の間の利回りがあると述べました。

発表によれば、BOPは不動産の取得を担当します。 彼はMBKと協力して資産をブロックチェーンベースのトークンに変換し、5月に2019でMBKに買収されたエストニアの企業であるAngoo Fintechを通じて取引されます。

Angoo Fintechは当初、8月末までにプラットフォームを開く予定でしたが、規制順守の問題により延期を余儀なくされました。

MBKは、暗号化およびブロックチェーンの分野で活躍しています。 2017では、2014で作成され、関東財務局に登録された日本の証券取引所であるBtcBoxと共同でMBK Asiaを設立しました。

MBKは先月、香港証券取引所に上場しているBS証券と、セキュリティトークンの提供分野で協力し、日本と中国での事業開発を支援する契約を締結したことを発表しました。

1947で設立され、元々繊維セクターに関与していたMBKは、主に日本と中国への投資に焦点を当てており、日本のホテル、ボーリング場、インターネットカフェに関心を持っています。

その写真 タリンの風景 シャッターストック経由

ソース: coindesk.com

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.