藤野えみがパンクラス311タイトル戦でヒョンジ・チャンと対戦

UFCの前に開かれた総合格闘技プロモーション(MMA)で、パンクラスは伝統的に各重量カテゴリのベルトホルダーを「チャンピオン」ではなく「パンクラスの王」と呼んでいます。

したがって、パンクラス311では、新しい「パンクラスの女王」がストローの重量のカテゴリに追加されます。 ブラジルのビビアンアラウージョに代わる新しいチャンピオンは、日本の藤野えみと韓国のヒョンジチャンの衝突から生まれました。

女性部門のコンテストの決勝戦は、12月に日本の首都東京の新木場スタジオコーストで開催されます。

藤野絵美(24-11)は、ブラジル人が手首の骨折を負った後、パンクレース308での準決勝でエドナオリベイラに勝ったTKOの勝利によるものです。 このカテゴリーの他の戦いは、ストローウェイトカテゴリーで2.45kgsの太りすぎでノリデイトが到着した後にキャンセルされました。

一方、ヒョンジ・チャン(3-2)は韓国で3回連続でAFCの戦いに勝利しましたが、URCC 77タイトルの戦いでフライ級に降格したとき、ジェリ・ブラオンに最終的に敗れました。

Pancrase 311カードには、Hokamura Yuto(12-8-2)とSaimon Oliveira(16-3)の間のバンタム級の戦いも含まれます。 ブラジル人は、パンクレース307タイトルファイトで日本の戦闘機を倒したラファエル「モルセゴ」シルバのトレーニングパートナーです。

イベントでは、フライウェイトのO窪裕介(11-9)も登場し、南アフリカと2回連続で戦います。 彼はPancrase 307でBokang Masunyaneに敗れ、12月に同郷のLuthando Biko(6-2)と対戦します。

パンクレアス311
08 12月2019
新木場スタジオコースト
東京、日本

藤野えみvs. ヒョンジチャン(ストロー級タイトルコンテスト)
ホカムラユトvsサイモンオリベイラ(コックウェイト)
O窪裕介vs. ファイティングビコ(フライウェイト)
有川直樹vs. 狩野亮介(フライウェイト)
林源平vs. 小森慎希(フェザー級)
前山徹平vs後藤貴文(ストローウェイト)
鈴木まりやvs. 海苔(フライ重量)

*コラボレーターOriosvaldo Costaからのテキスト。 | 01 / 11 / 2019で書かれています

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.