「異常災害」に指定された台風n.19

10月に29の内閣は、台風No.

2013大規模復興法の下で「異常災害」の指定が承認されたのはこれが2回目でした。 また、台風による最初の呼称でもありました。

この指定は、影響を受ける自治体に物理的な支援を提供することにより、大災害後の復旧を加速するように設計されています。

具体的には、中央政府および市政府は、地方自治体が管理する道路復旧計画およびその他の災害管理インフラストラクチャを作成する場合があります。 中央および市政府は、これらの自治体に代わって再建作業を要求することもできます。

10月19に領土を襲った台風第12による被害に対する物理的支援は、6か所の道路を対象としています。 千曲川で橋が崩れた長野県東御市の市道、宮城県丸森市、福島県いわき市の国道などがあります。

安倍Shin三首相は、政府が来週台風19の犠牲者を支援するための政策パッケージを作成すると述べた。

特別な災害の指定は、大規模な再建法の下で導入されました。これは、東部地震と津波が東北地方の海岸沿いのコミュニティを11 3月2011で破壊してから2年後に施行されました。

2016の九州地方の熊本県を震earthquakeさせた地震による被害が最初に指定を受けました。

10月の29内閣も、10月の19から11の期間に台風No. 14によって引き起こされた損害に対する金銭的支援の別の指定を承認しました。

「大災害」の指定は、地方自治体および被災者への金銭的支援の必要性を認識しています。

中央政府は、地方自治体が道路の再建などの修復作業に必要な費用を賄えるように、州の補助金の割合を引き上げます。

朝日新聞の計算によると、台風19により88が死亡し、13県で7人が行方不明になりました。

国土省がまとめた数字は、71川が宮城県と福島県を含む7県の地元の140で堤防を破壊したことを示した。 宮城、岩手、神奈川などの690県の20の場所では、地すべりによる被害が確認されています。

ソース: 朝日

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.