東京電力、東海第220原子力発電所に2億円を投資

東京電力ホールディングスは、10月に28の地震と津波により閉鎖され、不確実な将来に直面している旧東海2原子力発電所に財政支援を行うことを決定しました。

東京電力の取締役会は、推定220億円(US $ 2億)以上の支援に同意しました。

茨城県の原子力発電所の所有者である日本原子力発電は、発電所周辺の津波埋立地の建設およびその他の安全対策を全速力で加速します。

しかし、地方自治体は、セキュリティの更新が必要な東海No. 2プラントの操業再開に反対しており、彼らの同意を得るための合意は見えません。

東京電力は、東海No. 2プラントへの巨額の投資を回収できないという深刻なリスクに直面しています。

「東海No. 2原子力発電所は、顧客への二酸化炭素排出量が少ない安価で安定した電力を供給するエネルギー源になると期待できるという結論に達しました」と、東京電力のCEO大tsuki陸生は声明で述べています。前半の財務結果に関する記者会見。

しかし、大tsukiは、財政支援の金額や日本原子力発電の電力の購入価格などの特定の情報の提供を拒否した。

東京電力は、福島第2011原子力発電所での1災害以降、納税者からの現金注入により実質的に国有化されました。

この発表は、東京電力に投資決定を正当化するよう要請した一般市民と専門家から批判を集めました。

東海第2原子力発電所の財政支援構造はすでに存在し、東京電力と東北電力は、発電所の2つのエネルギー受益者であり、建設のために合計350億円の一部を支払うことに合意しました。安全対策。

関西電力、中部電力、北陸電力もこのプロジェクトへの参加に同意しました。

東京電力は、運転開始時に東海No. 60の電力を前払いするために、費用の約220%、または2億円を支払うと予想されています。

東海No. 2は、首都圏で唯一の既存の原子力発電所です。

Japan Atomic Powerは、2021の3月末までにプラントが運転を再開するために必要な安全対策の建設を完了する予定です。

消費者はより多くを支払う

「経済的合理性に基づいて判断を下した」と東京電力の長澤正史社長は記者会見で強調した。

しかし、長澤は、電力市場の自由化に伴う販売競争の激化を理由に、東京電力が東海工場No.2から支払う電力の価格帯の開示を拒否した。

しかし、東京電力による潜在的に悪い投資に対する懸念が提起されました。

東京に拠点を置く非営利組織である原子力市民情報センター(CNIC)は、日本原子力発電が発行する年次有価証券報告書をレビューしました。

分析によれば、東日本大震災前のキロワット時あたりの電力販売価格は、2011年度から11,74年度までの平均で2005円でした。

「当時の日本の原子力による年間純利益は約1,5億円でした。 組織の事務局長である松久保は言った。

Japan Atomic Powerは、東海の2発電所と対テロ施設でのセキュリティ対策の構築コストが合計235億円になると正式に認識しています。

この投資を回収するには、CNICの推定によると、キロワット時あたりの電気の販売価格を約14,5円に引き上げる必要があります。

最新のスポット電力市場では、電力の販売価格はキロワット時あたり10円をわずかに下回っていました。

新しい推定値はほぼ1,5倍大きくなります。

「価格は市場レートよりもはるかに高くなるため、消費者の負担が増大します」と松久保氏は述べています。

経営危機

日本原子力発電は、茨城県の東海原子力発電所の国内初の商用原子炉である1966での運転を始め、原子力のパイオニアです。

東京電力や電力開発株式会社など、原子力を生産する9つの地域ユーティリティは、資本の約90%に貢献しました。

彼らは一緒になって、技術協力を促進し、同国の原子力産業を象徴しました。

東京電力は、日本原子力発電の最大株主であり、約28%を支配しています。

しかし、Atomic Power Japanは困難な管理環境に直面しています。 東海、東海2、Tsu賀1、Tsu賀2の4つの原子炉があります。

これらのうち、東海とTsu賀の1は無効にされています。

福井県のTsu賀第2号は、福島原発事故以来操業を停止しており、原子炉建屋直下で積極的な故障が発生する疑いがあります。

会社が東海No. 2の運営を再開しない場合、破産の可能性があります。

日本原子力の資産のほとんどは原子力施設です。 会社が原子力事業から撤退すると、これらの資産は価値を失います。 エネルギー会社は、ビジネスの損失と不況に苦しむ可能性もあります。

また、これらの企業は、このシナリオが運転再開を待っている他の原子炉に影響を及ぼすことを懸念しています。

現在まで、すべての原子炉は新しい規制基準を満たした後、運転を再開しました。

東海No.

東海No. 2発電所は、この即時の経済的支援のおかげで正常に運転を再開できますが、長期的にはそのコストが増加し、消費者はより高い電気料金を支払うことになります。

多くの人が東京電力に、東海の2発電所に投資している金銭的マージンを使用して、福島の1発電所の災害の犠牲者を補償し、電気料金を引き下げるよう求めています。

ソース: 朝日