在日外国人が記録的な2,83ミリオンに到達

入国管理局は、6月末までに日本での法定外国人居住者数が6か月前から3,6%増加して記録的な2.829.416になったと金曜日に述べた。

この増加は、主にベトナムからの技術インターンの増加を反映しています。

永住者が最大のシェアを占めており、合計で783.513、367.709の技術研修生、336.847で日本に留学している人が続きます、と同局は予備報告で述べています。

報告書によると、4月に導入された特定の技術スキルを持つ人々の新しい居住ステータスで日本に残っている外国人の数は、合計で20のみでした。 法定外国人居住者には、韓国人などの特別永住者も含まれます。

国または地域別では、中国人居住者数が786.241で最も多く、次に韓国人が451.543、ベトナム人が371.755、フィリピン人が277.409と続きました。 ベトナムの居住者は、6か月間で12,4%急増し、東南アジアの190.000の居住者は技術研修生でした。

1月から6月に日本に入国する外国人の数は、観光客の増加を反映して、前年比6,7%増加して16.418.782になりました。

7月の1から日本に違法に留まった外国人の数は、1月の6,5から1に79.013%増加しました。これには、ベトナムの13.325と韓国の12.663が含まれます。

ソース: ジジプレス

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.