コカ・コーラの最初のアルコール飲料が日本中の店舗にヒット

O grupo Coca-Cola começou em 28 de outubro para vender seu “chuhai”, em latas Lemondo em todo o país.

コカ・コーラジャパンの広報担当者は、最近まで、同社は消費者が夜に飲むことができる飲み物を提供していなかったと言います。

コーラが焼chuベースの飲み物の人気を利用しようとし、昨年5月に九州でレモンドを発売したとき、それは変わりました。

しかし、レモン味のチューハイがジョージア、総研美茶など、九州でしか提供されていなかった他の飲料のように人気が出るかどうかはまだ不明です。

Lemondoのレモンジュース含有量は7〜17パーセントです。 「一般的なレモン」と「蜂蜜レモン」を含む4つの品種があり、それぞれ異なるアルコール含有量があります。

350ミリリットルの缶は、税を除く150円(US $ 1,37)の製造業者が推奨する価格で販売されます。

コカ・コーラグループは、テスト市場として九州を選択しました。なぜなら、住民は焼shoをたくさん飲みますが、彼らは通常焼basedベースのチューハイ飲料を飲まないからです。

コカ・コーラは、焼chuが人気のある製品が好評である場合、全国にレモンドを導入することを計画しました。 飲料の売り上げは同社の目標の約2倍であり、ソーシャルメディアの注目を九州から呼び戻すユニークなリマインダーとして呼びました。

他の業界の企業もこの方法を使用して、特定の地域でテストした後、製品の販売を国外に拡大しています。

コカ・コーラは、以前に九州でジョージアコーヒーブランド、総研美茶ブレンドティーブランド、およびクーフルーツジュースブランドの独占的な初期販売を開始しました。

「九州の人々は新しいものを歓迎します」と広報担当者は語った。

同社は現在、レモンドが九州以外の地域で売れることを強く期待している。

ソース: 朝日