警察は遺体を発見、富士山から転落した登山家であることを検討

日本の警察は、水曜日に富士山で遺体を発見し、YouTubeでライブクライミングを放送中に雪に覆われた斜面から転落しているのを見た男性かどうかを確認していると語った。

日本で最も高い山を含む2つの県の1つである静岡警察は、一部のライブ視聴者からの電話を受けて火曜日に捜索を開始しました。

警察は、約3.000メートルの高度で遺体を発見し、それがビデオで男性のものかどうかを確認していると、警察官は匿名を条件に述べた。

「富士山に行きましょう」というタイトルのビデオは、TEDZUの喘ぎだと自認している男性を示しています。 「私はピークに向かっています」と彼は言います。

男は冷たい指について繰り返し不平を言う。 「私の指が私を殺している。 しかし、スマートフォンを操作する必要があります。 ホットパックを持って行くべきだった」と彼は言う。

彼は次に、腕の下に手を入れるなど、いくつかの方法で手を温めます。 雪に覆われた道は、彼が崖のフェンスに沿って歩くにつれて狭くなります。 それから道は下り、人は落下に対して警告する。

「ああ、この場所は滑りやすく、危険です」と男は言います。 「岩を歩こうとしています。はい、岩です。 急な坂です。」

「待って!」彼は言う。 「私は滑っています。」

このビデオは、彼が杖を広げて足を上に滑らせて突然終了する様子を示しています。

富士山の登山シーズンは先月終わりました。 登山者が他の時に山に入ることを禁止する法律はありません、と警察は言いました。

ソース: AP通信