調査:日本人の67%の読書量が少ない

文化庁の調査によると、日本人の約67,3%が読書量が少ないと答えており、約3分の1がスマートフォンなどのデバイスに費やした時間の減少に起因していると回答しています。

これは、日本語に関するエージェンシーの世論調査における5年ぶりの読書調査です。

回答者の2,2%が同じ回答を行った2013の会計年度に比べて、読まない人の割合は65,1パーセントポイント増加しました。 2008会計年度の調査では、64,6%は測定値が減少したと述べました。

20と40の間の女性では、読書量が少ない人の割合が特に高かった。

この傾向の背後にある理由について、回答者の49,4%は、最も人気のある回答である仕事や勉強で忙しすぎると答えました。 これに続いて、視覚の問題を含む健康上の理由が37,2%で、情報技術デバイスに費やされた時間が36,5%で続きました。

読書の低下の原因としてスマートフォンなどのデバイスを使用している人の割合は、10会計年度以降の各調査で2008ポイント以上増加し、14,8会計年度の2008%および会計年度の26,3%から増加しています。 2013。

「人々は複数の単語を使用してそのようなデバイスを介して通信するため、彼らの言語スキルが低下することを確信することはできません」と代理店は言いました。

1か月に1冊未満の本を読んでいる人の割合は47,3%で、前の2回の検索でほとんど変化していません。

ソース: ジジプレス