河野、沖縄での米軍スカイダイビングを批判

河野太郎国防相は、10月に29で沖縄県嘉手納基地で行われた米軍の夜間パラシュート演習を厳しく批判しており、これは演習制限に関する合意に反していると述べた。

「これは日米同盟の維持と強化に反する」と河野は10月の29の夜に記者団に語った。 彼は、米国の高官と問題を議論することを示しました。

日没後、18h30の周りに、米軍要員が航空機から飛び降り、米空軍の嘉手納基地で地面に落下傘降下した。

5月に米軍が沖縄県嘉手納基地でパラシュート演習を実施します。 (朝日新聞ファイルからの写真)

沖縄の日米特別行動委員会(SACO)は、1996で、米軍が日本の家島村にある家島補助飛行場でのみスカイダイビング演習を行うという最終報告で合意に達しました。県北部の家島。

しかし、国防総省の沖縄国防総省によると、2000以降、パラシュートドリルが家島キャンプに移されたため、米軍は嘉手納11のベースタイムでこれらの演習を実施しました。最新のもの。

10月の29シミュレーションは、今年で4回目の嘉手納での記録でした。 2017では、米軍が基地で3回実施しました。

29の10月、河野は、中央政府が米国政府に嘉手納での掘削を停止するよう促したと述べた。

「これはSACOの合意に反するものであり、受け入れられない」と河野は内閣会議後の記者会見で語った。

沖縄県政府と地方自治体も、米軍に基地でのパラシュートのstop落を止めるよう求めたが、軍はその要求を拒否した。

10月の午後、米軍は29で家島でスカイダイビング演習を行いました。

「夜のトレーニングは危険で受け入れられない」と、戸山博司の嘉手納市長は語った。 「嘉手納でこのような運動を行うことには妥当性がありません。」

ソース: 朝日

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.