日本は、テロ対策のためにモルディブに500百万円の援助を提供します

日本とモルディブは、500百万円(4,6百万米ドル)と、インド洋諸国に対する対テロ援助と公安リソースを強化するための日本の援助契約を締結しました。

柳井啓子大使とモルディブのアブドゥッラ・シャヒド外相は最近、マレで警察車両、液体検査装置、X線装置などを提供する契約に署名したと、日本の外務省。

「この助成金は、テロと戦うために使用される、」モルディブの外務省は声明で述べています。

4月にスリランカで発生した250人以上の人々の命を奪った爆破事件の後、イスラム国家や南アジアの他のテロ組織の影響力の高まりに対する懸念が高まるにつれて、安心がもたらされます。

ブーストテロ対策は、その主要産業観光ですモルディブ、のために特に重要です。

先週、日本の安倍Shin三首相とモルディブのイブラヒム・モハメド・ソリ大統領は、この地域での中国の主張の高まりに対する隠れた打撃の中で、インド太平洋における自由航行の重要性を確認した。

ソース: 経堂