日本政府は従業員に育児休暇を取得するよう奨励しています

日本政府は、公務員が2020会計年度から1か月以上の育児休暇を取得するよう奨励し始めると、政府筋は火曜日に述べた。

当局は、情報提供者によると、免許申請者が不在を補うための追加作業を容易にし、そのような休暇をとる部下の数に一部基づいてマネージャーの業績を評価するための措置を導入することを検討しています。

日本政府は男女の平等と女性のエンパワーメントを推進しており、男性が赤ちゃんの世話をするために長期休暇を取る慣行がまだ普及していないため、公的および民間部門での育児休暇に対する寛容なメンタリティを促進しています。

人事院によると、育児休暇の資格がある正社員の正社員の1.350-または21,6%-は、2018会計年度の休暇を利用しました。

これは前年からの3,5ポイントの増加を表しており、システムが導入された1992会計年度以来最高でしたが、女性の間の99,5%率をはるかに下回っていました。

彼らのデータはまた、2018の会計年度に子供の世話をするために休暇をとったすべての男性の政府労働者のうち、72,1%が1か月未満でそれを行ったことを示した。

自治体の役所で働く人々に関する当局の最新のデータによると、育児休暇の職員の4,4%のみが2017会計年度にそれを取得し、前年より0,8パーセンテージポイント増加しています。

民間部門では、新しい母親の6,16%とは対照的に、より多くの企業がサポートを提供する中央政府の助成プログラムにもかかわらず、2018の会計年度に新しい親の82,2%が子供の世話をするために休暇を取りました。労働省。

政府は現在、各企業に付与される補助金の規模を拡大することを検討している、と情報筋は述べた。

ソース: 経堂