愛知県知事は韓国人に対する「ヘイトスピーチ」に悩まされた

10月の29での愛知知事大村英明は、県施設で開催された反韓国の「ヘイトスピーチ」集会と彼が述べたものを中断しなかったとして当局を批判した。

「出来事がその内容を考慮してヘイトスピーチを構成したことは明らかです」と大村は記者会見で、当局による集会の取り扱いは「不適切」であると付け加えた。

彼は、市政府がデモやその他の措置の主催者に対する可能性のある紛争を検討すると述べた。

このイベントは、10月に27の名古屋東区にある県内の施設であるウィル愛知で「反移民」のバナーの下で開催されました。

彼によると、在日特任をゆるさない市民の会(日本に住む韓国の民族居住者の特権を容認しない市民グループ)の元大統領が議長を務める政治組織によって組織され、彼は全国各地で差別的なデモを行った。国 国。

民間の差別禁止グループは、施設の使用を求める組織の要求を拒否するよう市政府に要請しました。メンバーが狂信を奨励するための活動を組織する可能性が高いからです。

公共施設の使用に関する市役所のガイドラインによると、従業員は、将来のユーザーが不公平で差別的な行動に関与する可能性があると恐れる場合、申請者の要求を拒否する場合があります。

しかし、イベントでヘイトスピーチに従事しないとメンバーが約束した後、彼らは政治組織に青信号を与えました。

集会の訪問者からの警告に基づいて、当局は、日本の伝統的なトランプである「かるた」カードが、「犯罪者は常に韓国人である」など、在日韓国人に対する憎悪を助長する言葉を表示することを確認した。

ガイドラインには、市当局者がヘイトスピーチに関連する進行中のイベントの中断を命令できる条項も含まれています。

差別禁止グループは、会議のキャンセルにこの条項を使用するよう会場スタッフに促したが、役に立たなかった。

当局が反韓国の展示を確認した後でも、彼らはイベントの継続を許可した。

大村は状況の処理を後悔した。

「展示の内容を確認したら、主催者にイベントの中止を命じるべきでした」と彼は言いました。

デモが承認された理由について、大村は、人々が公共施設で差別を扇動することを防ぐことは当局にとって課題であると述べた。

10月の21での記者会見で、知事は、候補者がヘイトスピーチ会議を開催することを彼らの要求で明確に述べない限り、当局がこれらのグループを排除することは難しいと言いました。

ソース: 朝日