日本の税務署は、ゴーンは日産のお金を私的使用に使用したと言っています

日本の税務当局は、日産自動車の元ボスであるカルロスゴーンが会社の資金を私的使用に使用し、個人の利益のために企業資金を流用したという自動車メーカーの主張を強化することを決定しました。公正。

日本の新聞は、情報源を引用せずに、国税庁は、ゴーンが架空の仕事とレバノンの大学への寄付のために妹のコンサルティング料を支払うために数年間日産のお金を使ったと発見したと述べた。

元日産社長はレバノン国民です。 彼は金銭的不正行為の容疑で日本で裁判を待っているが、それは否定している。

日産は、150の3月までの3年間、秘書費用として約1,4百万円($ 2014百万)を記録しました。 しかし、代理店は日産に対し、費用は私的使用であり、企業費用として控除されるべきではないと判断した後、付加価値税を支払うよう命じました。 収入、読売に知らせた。

この発見は刑事訴追には至らなかったが、ゴーンが会社の金を悪用したという日産の主張を支持している、と新聞は語った。

税務当局はロイターに対し、代理店は個々の事件についてコメントできないと語った。 日産の広報担当者は、自動車メーカーが新聞のレポートをチェックしていると語った。 Ghosnの弁護士は、コメントの電子メールリクエストにすぐに応答しませんでした。

昨年11月に最初に逮捕されて以来、ゴーンは日産の給与を過少報告し、個人的な金銭的損失を日産の帳簿に一時的に振り込み、自動車ディーラーへの支払いを許可して自分自身を豊かにしたという疑いで4回請求されています。本当に。

ゴーンの弁護士は木曜日、東京地方裁判所に依頼人に対するすべての告発を却下するよう求め、検察官は政府役人や日産の幹部と共謀して彼を追放したと述べた。

ゴーンは逮捕時に、日産とルノーSAの関係強化に取り組んでおり、ルノーSAも議長を務め、フランス政府が一部所有しています。 日本の自動車メーカーに近い人々はロイターに語った。

読売新聞によると、日産はすでに修正を申請しており、数千万円(数十万ドル)の追加税を支払っています。

税務署は他の年を調査している、と新聞は報じた。

ソース: ロイター通信社