安倍首相は「制限付き」運転免許証の迅速な導入を促します

安倍Shin三首相は、火曜日に関連する閣僚に作業をスピードアップして、所有者がセキュリティサポート機能を備えた車両のみを運転できる「制限付き」運転免許証を導入するよう指示した。

政府は、2020の3月末までに行動を起こす予定です。 限定ライセンスの計画的リリースは、高齢のドライバーがアクセルをブレーキと混同したり、最近日本でこのような一連の事故が発生した後に他の運転ミスをしたことに起因する自動車事故を防ぐように設計されています。

「ブレーキによってアクセルが誤って踏み込まれた場合、ブレーキと自動機能を備えた車両を普及させて加速を減らす必要があります」と安倍氏は議長を務める将来の投資パネル会議で語った。

政府は、高齢ドライバー向けの最新の安全機能を搭載した車両の発売を促進する計画です。

政府によると、年配のドライバーによる致命的な事故の数は、昨年の若いドライバーによる事故の数の2倍でした。

パネル秘書のデータによると、100.000以上の75運転免許保持者による致命的な事故の数は、昨年の8人で、若い3,4運転者の100.000%から増加しました。

高齢化社会によると、75の6,8%と比較して、2018以上の国の3,8のすべての運転免許証の2008%が高齢者でした。

6月、政府は、認知症の高齢者への対処策の一環として、3月末までに2020の限定運転免許証に関するガイダンスを発見する計画を示しました。

火曜日の会議で、一部の参加者は、開発された安全技術が車両に搭載されていれば、高齢者駆動車両に関連する最近の事故の多くを防ぐことができると述べ、引き起こされた損害を減らすために機能装備車両を導入する必要性を強調しました。運転ミスに起因する事故。

ソース: ジジプレス