台風廃棄物のトン 19が日本のビーチに到着

太平洋沿岸からは山のような廃棄物や破片が現れ、さまざまな漁場やその他の海事産業を脅かしています。

清掃活動が進行中ですが、さまざまな県の地方当局者は、このタスクは中央政府の支援が必要になるほど大きいと言います。

神奈川県大isoのビーチでは、ビニール袋、釣り糸、携帯電話ケース、ボトル、ゴルフボールなど、大量の木材とゴミがビーチに持ち込まれました。

神奈川県沿岸環境財団の要請により、労働者はその地域の清掃を試みます。 彼らはプラスチック廃棄物を手動で分類し、重機で丸太やその他の大きなアイテムを取り除きます。

財団は、台風なし 9月の15により、約180トンのゴミが市役所のビーチに衝突しました。

「今回のゴミの量は、台風15よりもはるかに大きい」と、財団の清掃作業を担当する63の紺野Kon夫氏は語った。 「私たちがいつ仕事を終えるかを見積もることさえできません。」

環境理学を専門とする東京理科大学の二瓶康夫教授は、大雨の間にプラスチック廃棄物を含むかなりの量の廃棄物が川から運ばれると語った。

しかし、海岸を汚すのはプラスチックだけではありません。

オイルも危険です

東京湾では、大量の廃棄物が神奈川県の横須賀から千葉県の富津までの沿岸部に流用されています。

61th Coast Guard Coastal Headquartersによると、これら2つの都市の廃棄物には、10月の12嵐の間に川崎を沈めた貨物船から漏れた3トンの重油が含まれていました。

富津岬では、10月の17に海岸の2キロメートルの区間でゴミが見られました。 ゴミには、玉川川川崎管理事務所からの「ゴルフ禁止」標識と、おそらく東京西部の八王子からの別の標識が含まれていました。

ゴミは貝の採掘現場を覆い、漁港を取り囲み、海に広がっていました。

クリーニングの要件

国土水産省によると、宮城県、福島県、茨城県、千葉県、神奈川県は台風19廃棄物に対処するための補助金を求めています。

各自治体は通常、ビーチのゴミを処理します。 しかし、焼却炉への損傷を防ぐために、まず廃棄物の塩分を除去する必要があります。 廃棄物が分別されていない場合、産業廃棄物とみなされ、廃棄のためのコストが高くなります。

7月に2018で西日本を襲った豪雨により、海に大量のごみが運ばれ、中部から九州地域の漁業が影響を受けました。

7月、九州の北部で大雨が降り、有明海に大量の浮遊する木、砂、土が流れ込み、漁船の損傷と無数のアサリの死をもたらしました。

会計年度2017および2018では、少なくとも40.000立方メートルの漂流ゴミが、主に洪水被災地域の地域から収集されました。

ソース: 朝日