金正恩は金剛山に「厄介な」建物の解体を命じる

金正恩は、南北協力の珍しい象徴である金剛山リゾートの「厄介な」韓国の施設の解体を命じ、北に建てられた「近代的な」建物に置き換えるよう求めた。

国営通信社KCNAによると、北部の支配者は、東海岸のリゾート地が北朝鮮の土地にあることを考えると、2つの韓国の共通財産と見なされることは「間違い」であると述べた。

「金剛山は血を犠牲にして征服された土地であり、崖と木でさえ私たちの主権と尊厳に関連している」と、キムは今週のリゾート訪問中に言った、と彼は南だと思ったと付け加えた。韓国の施設は「建設現場の仮設建物の残骸」でした。

通信社は次のように付け加えました。「[Kim]は、南側の関連するユニットと合意して、南側の厄介な施設をすべて撤去し、自然環境に応じて新しい近代的なサービス施設を独自に建設するよう指示しました。金剛山から」。

韓国人は1998で金剛山へのツアーを開始しましたが、軍のゾーンに入ったとされる北朝鮮の兵士によって南部の観光客が射殺されたため、2008でそれらを中断しました。

韓国企業からの投資で建設されたこのリゾートは、1950-53朝鮮戦争で分離された家族の不定期な再会を開催しました。

平壌は、北朝鮮の核および弾道ミサイル計画に関する協議の行き詰まりの中で、韓国がツアーを再開できなかったことに怒りを覚えたと報告されている。

政権により、ソウルは南北協力をさらに進めるという米国の反対を無視するようになったが、金剛への韓国の投資は平壌に課せられた国際制裁に違反するだろう。

金正恩によって最近検査された金剛山の観光地を示す組み合わせの日付のない写真。 写真:KCNA / EPA

金剛は、国の重武装国境の北にある現在閉鎖されている開城工業団地とともに、軍事的および政治的緊張にもかかわらず達成できることの例としてすでに見られています。

韓国のムン・ジェイン大統領は、南北協力を再開するために金剛への旅行を再開する見通しを上げた。

9月の2018平壌サミットで、ムーンとキムは金剛でのツアーを再開し、「環境が整ったらすぐに」開城を再開することに同意しました。 今年4月、ドナルド・トランプは金剛を「信じられないほどの場所」と表現したが、韓国人が訪問することを許可する「適切な」時期ではないと述べた。

キムは、韓国建築に対する批判にもかかわらず、「世界クラスの観光地として美しく建てられた後、金剛山に来たいと思うなら、南国同胞をいつでも歓迎します」と述べた。

金大統領はまた、南側が金剛に投資することを奨励したことで、彼の「前任者」(父親の金正日への隠された言及と思われる)を批判した。 「彼は非常に間違った政策を強く批判し、国が十分に強くなかったときに他人に依存する前任者に依存していた」とKCNAは言った。

北朝鮮の指導者は、彼の「自給自足」経済成長政策の重要な要素として観光を促進しています。 国営のRodong Sinmun新聞の社説は次のように述べています。「誰もが自信が生きる唯一の方法であるという信念を高く評価すべきです。 今日他の人からの助けを期待することほど愚かではありません。 」

キムの自信に対する議論は、国連が北朝鮮の食糧不安が「警戒レベル」にあり、11百万人近くの栄養不足の人々がいると警告したときに生じた。 北朝鮮の国連独立人権研究者であるトーマス・オジェア・キンタナ氏は、140.000の子どもたちは「栄養失調」に苦しんでおり、30.000は「死亡のリスクが高い」と述べています。

ソース: 保護者