長野の学生は新幹線を使って学校に行きます

多数の学生が新幹線を使用して長野の東部にある学校に行きます。ここでは今月初めに日本を襲った台風によって地元の列車が混乱したままです。

長野県と東日本旅客鉄道株式会社は、10月に北陸新幹線を使用した23の代替輸送を導入しました。

主に高校や大学の2.000の学生については、クラスに参加するには新幹線パスのみが必要です。

信濃鉄道の田中駅と上田駅の間のサービスは、10月の12災害で線路を渡る橋が崩壊したため中断されました。

富見の橋は、台風による豪雨のために浸水した千曲川の近くにあります。

北陸新幹線と信濃鉄道が並行して走っているので、学生は上田駅、作平駅、軽井沢駅で地元の電車やバスに乗り換えて学校に行くことができます。

佐久県に住む上田高校の16歳の生徒である新城瑞希は、佐久平駅に乗り込みました。

「地元の列車が停止した後、家族の費用で新幹線を使いました」と彼女は言いました。 「私の両親は、乗客パスを使用できるようになったので、とても便利だと言っています。」

中断されたセクションに沿ったローカル鉄道サービスがいつ再開されるかは不明です。

JR東日本当局者は、代替の新幹線輸送は「特別な措置」であり、少なくとも11月中旬まで続くべきだと述べた。

ソース: 朝日

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.