帝国の宴会は、高官に合わせた伝統的な料理を特色にしました

火曜日の夜、皇太子は皇帝の即位式に続き、特定の食事を必要とするゲストのための特別な料理を用意し、皇室で日本の伝統料理のごちそうを食べました。

ホーミーデンパレスバンケットホールの外国人高官を含む450ゲストについてのメニューには、若魚のグリル、アワビの蒸し、日本のロブスタースープ、マツタケなどの料理があります。

「ゲストに日本の山と海の珍味を楽しんでもらいたい」と、この4月の1990を放棄した秋仁天皇の即位を記念して、主に30法廷宴会のスタイルで、宴会の前に帝国政府高官が言いました。年

東京皇居での法廷宴会中のグランドホールの概要22 10月2019。 写真:皇室庁/ロイター経由のプレスリリース

さまざまな背景を持つゲストのために、イスラム教徒のゲストのためにハラール料理が用意され、ベジタリアンのためにシェフが牛肉を大豆に置き換えました。

日本料理に不慣れなお客様のために、肉やアスパラガスのロールなどの西洋料理も用意されています。

ワインリストには、コルトンシャルルマーニュ2011とシャトーマルゴー2007、および日本酒が含まれ、ゲストは菓子を含むキャンディーボックスからの贈り物も受け取りました。

5月の29で即位した皇帝の即位を祝うために、10月の金曜日、31と1に共演の宮廷での他の3つの宴会が予定されています。

代理店によると、4つの宴会に合計2.600人のゲストが期待されています。

ソース: 経堂