安倍首相は中国とのより強い絆を求めている

安倍Shin三首相と王Q山中国副大統領は、水曜日、二国間関係を改善し、来春中国の習近平国家主席による訪日を計画している。

東京の赤坂離宮にある王との20分の会議で、安倍首相は、自制と関係者間の対話を通じて、香港での暴力的な反政府抗議行動の平和的な解決策を求めました。

「香港は「1つの国、2つのシステム」モデルで繁栄し、自由で開かれたままであることが重要です」と安倍は語った。

Xiの顧問であり、中国共産党の政治局高等常任委員会の元メンバーである王は、火曜日の皇帝のための即位清青伝の儀の即位宣言式に出席しました。

会議で、安倍首相は、福島県での3月の2011原発事故に続いて導入された日本の食品輸入規制について、中国からの肯定的な反応を求めた。

安倍首相はまた、中国南部の沖縄県の尖閣諸島の海域を含む東シナ海の安全保障問題に積極的に対応するよう中国に求めた。

彼はまた、中国で開催された日本人に対する懸念を表明した。

ソース: ジジプレス