ユニクロは批判の後で韓国で発表を撤回する

日本の小売大手Uniqloは、韓国のキャンバスから98年のアメリカのファッションフィギュアでコマーシャルを引き出したと同社は月曜日に植民地時代の歴史をm笑したとして非難した。

韓国と日本は米国の同盟国、民主主義国、市場経済国であり、核兵器で支配的な中国と北朝鮮に直面していますが、戦争中の日本の拡張主義の遺産により、その関係は深く緊張しています。

最も最近の例は、年長のセレブIris Apfelが85年下のファッションデザイナーKheris Rogersと話しているUniqlo広告です。

白髪のアプフェルは、彼女がティーンエイジャーの格好をして、無邪気に「ああ、神様。 私はそれを覚えていません。」

しかし、ユニクロの韓国の腕は、「80年以上前に起こったことを覚えていない」など、彼の広告のバージョンに少し異なる字幕を付けました。

これは、朝鮮半島に対する日本の残忍な植民地支配の終わり近くの1939の瞬間を思い起こさせます。

「歴史を忘れている国には未来はありません。 80年前に起こったことを忘れることはできません。そのとき、Uniqloは冗談を言いました」と、国内最大のソーシャルポータルであるNaverのインターネットユーザーにコメントしました。

第二次世界大戦中に日本軍の性奴隷になることを余儀なくされた女性を指す「ユニクロ、慰めの女性」というフレーズは、週末にネイバーで最も検索された用語の一つであり、抗議者は側から抗議した。月曜日にユニクロ店の外で。

ソウルと東京は現在、歴史的な紛争をめぐる激しい貿易と外交紛争にあり、韓国の消費者は日本の製品をボイコットしています。

韓国に186の店舗を持つUniqloは最大の目標の1つでしたが、9月の日本の自動車メーカーの売上は前年からほぼ60%減少しました。

会社は声明で申し立てを否定し、個人間の年齢差を強調し、その内容が「世代間」解釈を支援するためであることを示すためにテキストが変更されたと述べた。

「この発表は植民地支配をmすつもりはなかった」とユニクロの代表は月曜日にAFPに語り、会社は損害を抑えるために発表を取り下げたと付け加えた。

アナリストは、論争が隣人の複雑な歴史の政治化を実証したと言いました。

韓国大学で教えている元外相のキム・ソンハンは、「ユニクロのすべては日本企業として政治的であると仮定する」「論理の飛躍」を伴うと述べた。 。

「彼女の観察が女性の快適さの問題とどのように関連しているのかわかりません」と彼は付け加えました。 「これは非常に敏感です。」

ソース: AFP

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.