セブン-イレブン・ジャパンは、夜間に店舗を閉鎖できるようにします

24の時間ポリシーの変更で、セブン-イレブンジャパン株式会社は月曜日、20.000のフランチャイズコンビニエンスストアのいずれかが朝まで夜通し営業を停止できるようにすることを決定したと述べました。

関連するガイドラインでは、日本を代表するコンビニエンスストアオペレーターが、営業時間を短縮するために店舗が採用しなければならない手順を明確にしています。

この動きは、大阪府のフランチャイズ店のオーナーが2月の24時間での労働力不足のために営業をキャンセルし、会社との戦いにつながった後に起こりました。

店主の行動が多くのメディアと世間の注目を集めた後、小売大手のSeven&i Holdings Co.のユニットは、営業時間を短縮してフランチャイズオーナーとの対話を続けました。

セブン-イレブン・ジャパンの決定がライバル間で同様の動きを引き起こすことを決定したため、コンビニエンスストア部門は現在、24の営業時間を急速に拡大し、重要な時期にあります。

ガイドラインに基づいて、セブン-イレブンの8つの店舗は午前中に23hと7hの間を閉鎖することが許可されます。 8つを含む200セブン-イレブンジャパンフランチャイズストアは、現在、より短い実験時間で営業しています。

フランチャイズ店での夜間および夜明けサービスのキャンセルを容易にするために、ガイドラインでは従業員の扱い方と、試用期間を最大6か月に延長するスケジュールを規定しています。 会社に支払われる毎月のロイヤリティ控除額の削減を含む、部分的な契約上の変更も確立されました。

セブン-イレブン・ジャパンの長松文彦社長は、月曜日の東京での記者会見で、「社会の変化に応じて営業時間中に柔軟に行動する」と述べた。 24時間の動作原理の変更。

7月にセブン-イレブンジャパンが実施した調査では、約2.200店舗、またはフランチャイズ店舗全体の10%を超える店舗が、より少ない営業時間でトライアルに参加する予定または参加を検討していると述べました。

業界のオブザーバーによると、深夜および早朝のサービス停止は、深刻な労働力不足の中でコンビニエンスストア部門に広がる可能性があります。

経済産業省は、フランチャイズ店の所有者の労働条件を反映した時間短縮に関するガイドラインの作成を業界に奨励しています。

ソース: ジジプレス

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.