レイワ硬貨は大阪で「儀式」を受ける

新しいレイワ時代のコインはすでに青信号を受けています。 これは、10月に大阪市北区の日本造幣局で開催された21の年間コイン重量テストの評決です。

1872で始まった毎年恒例のイベントは、「Reiwa Gannen」香(Reiwaの1年目)で新しいコインの重量を量った最初のイベントでした。

21 10月に開催される毎年恒例の日本造幣試験イベントで、新しい名前のレイワコインが初めて計量されます(写真:朝日/大部俊ya)

コインの時刻の名前は変更されましたが、テストでは、光沢のある新しいコインの重量が前身と同じであることが示されました。

「時代は変わったが、コインの重量は以前と同じだ」とミントの関係者は語った。

Japan Mintは7月の11から新しいコインの生産を開始しました。

10月の21テスト中に、当局は、今年造られた約25.000コインの重量をスケールで測定しました。

たとえば、円500コイン(US $ 4,60)の重量は7グラムです。 1.000コインの許容誤差は13グラムです。

ほぼすべてのコインがゼログラムの誤差でテストに合格しました。

ソース: 朝日