日本は270.000による2025看護スタッフの不足に直面するだろう

高齢化と人口減少の中で、日本は270.000で最大2025の看護スタッフの不足に直面する可能性がある、と厚生省は月曜日に述べた。

報告書によれば、看護師、看護助手、公衆衛生看護師、助産師を含む推定値は、在宅医療やその他の形態の看護が多くの人々によって使用されている都市部で不足がより顕著になると指摘している。厚生労働省と。

政府の社会保障支出および医師の需要は、高齢者の数が増加するにつれて急速に増加すると予想されます。

資格のある医療専門家を確保するために、同省は、過労が一般的な問題である分野で労働条件を改善する努力を行っています。

この問題を軽減する方法を見つけるために省が行った調査では、2025までに最大2,02の看護スタッフが必要であることがわかりました。

しかし、1,75に登録されている1,82ミリオンから、2025によってシニアの数が1,66ミリオンから2016ミリオンに達すると推定されています。

この研究では、看護および在宅ケアの専門家の全国的な不足は、仕事および他の理由で必要とされる重い作業負荷のために脱落した多数の人々に起因すると考えられた。

地方政府は、「彼らの健康計画を改訂し、実際の状況で熟練労働者を確保するために努力する」必要がある、と省は述べた。

ソース: 経堂