皇帝は皇位への昇天を宣言する

ナルヒト天皇は、火曜日に180を超える国からの高官が出席する世俗的な式典で王位への加入を正式に宣言し、国家の象徴としての義務を果たすことを誓います。

ナルヒトは5月に簡単な伝統に満ちた儀式で皇帝になりましたが、火曜日の王の即位は王宮でより精巧な儀式であり、そこで彼は正式に世界への地位の変更を発表しました。

22の火曜日、日本の東京皇居で、世界で即位を宣言する式典で安倍S三首相がお辞儀をする日本の皇帝成仁10月の2019。 (写真:加藤一成/ AP via Pool)

「憲法に従って行動し、国民の国家と統一の象徴としての責任を果たすことを誓います」と、英国のチャールズ皇太子を含む59の参加者の前で、少し声がかすかになった2.000歳の男性は言いました。イギリス。

「日本がさらに発展し、国際社会の友情と平和、そして人々の知恵と不断の努力を通じて人間の幸福と繁栄に貢献することを心から願っています。」

第二次世界大戦後に生まれた最初の日本の皇帝であるナルヒトは、彼の父親である秋仁が2世紀後に退位した最初の日本の君主になったときに王位に就きました。あなたの公務。

「彼は若くて元気で、優れたリーダーシップを発揮し、絶え間ない災害や台風に直面している日本の人々を支援してくれることを願っています。」宮殿の外。

秋shino皇太子、キコ王女、彼の娘と他の皇室の家族は、火曜日に東京の皇居内の皇室での即位の儀式について成仁天皇が報告する式場に到着します。 写真:REUTERS /キム・ホンジ

長く計画されていたお祝いは、台風ハギビスの影響を受けました。彼は、80日前に日本を横断し、火曜日により多くの雨をもたらしたときに、少なくとも10人を殺しました。

政府が台風の清掃に注意を向けることを可能にするために来月まで公開パレードが延期された一方、火曜日の天気により宮殿は中庭式に出席した古いローブの宮廷人の数を減らすことを余儀なくされましたが、空は晴れていました。

鳴人は、宮殿の敷地内にある3つの神社の1つで、彼の即位を彼の祖先に報告することで、この日の式典を開始しました。黒の頭飾りと真っ白なローブに身を包み、係員が運ぶ列車です。

火曜日の朝、皇帝の祖先に即位を報告した後、皇帝は皇居を離れます。 写真:プール/共同

彼は後に、白い55の重ね着を着た12皇后マココが続き、紫の服を着た2人の女性が出席しました。

宮殿の最も権威のある部屋である松の間でのメインセレモニーでは、鳴人はほぼ30年前の父親のように、伝統的なオレンジ色のチュニックと頭飾りを身に着けていました。

彼は、高三倉での即位を宣言しました-高さ6,5トンの8メートルのパビリオン-古代の剣と宝石、いわゆる三神秘宝が彼のそばに置かれました。

日本の神道の神聖な場所である伊勢神宮に保管されている矢田の鏡と呼ばれる鏡とともに、3つの宝物は天皇の正統性を象徴する規則を構成しています。

12レイヤード衣装と精巧で洗練されたヘアスタイルを着た雅子も参加しました。

このビデオショットでは、日本の皇后マサコが「8月の皇后席」に座り、ナルヒト皇帝が22 10月2019(プール経由で東京皇居の菊座に昇天したことを宣言します。 AP)
日本の皇太子とマコ王女が22 10月2019に日本の皇居で、世界中の成仁天皇の即位を宣言する式典のために到着します。 写真:REUTERS /加藤一成/プール

安倍Shin三首相は、チャールズ皇太子を含むゲストに祝辞を述べました。チャールズ皇太子は、当時の妻ダイアナとともに、アキヒトの即位に出席しました。ミャンマー、アウンサンスーチー。

その後、安倍は集会の要人を率いて、天皇に3つの万歳の歓声を与えた。

22 10月2019に日本の皇居で、皇帝の世界への即位を宣言する儀式の後、成仁天皇は国会議事堂を去ります。 写真:野木一宏/ロイター経由のプール

火曜日の夜に宴会が開催され、水曜日の午後にナルヒトとマサコが外国のロイヤルティーパーティーを開催します。

パブリックパレードは11月の10まで延期されましたが、NHKの全国放送は26.000警察が火曜日にセキュリティを提供していると述べました。

ナルヒトは最近の日本の天皇の間では珍しい。彼の唯一の娘である17歳の愛子は女性であり、そのため王座を継承できない。 代々の皇室の将来は、彼の父である秋shino王子に続いて、王位に次ぐneの久仁、13の肩の上にかかっています。

第二次世界大戦で日本軍と戦った成仁の祖父であるヒロヒトは神として扱われましたが、1945での日本の敗北の後、彼の神聖な地位を放棄しました。 皇帝は今政治的権威を持っていません。

多くの日本人は即位式を楽しんだが、一部の人はそれを迷惑だと考えた。

「このような精巧な式典は必要ありません。 交通は制限されており、一般の人々に混乱を引き起こしている」と、引退した外科医である74の荒井義一は述べた。

「皇帝は今や国民の象徴として必要とされていますが、いつか皇帝は必要なくなるでしょう。 皇帝がいなくても大丈夫です。」

ソース: ロイター/ AP通信/ Japan Today