皇帝は式典中に人々の幸福を願う

即位式は火曜日に皇居内の西田国会議事堂で開催され、日本および海外における皇帝の即位を正式に宣言しました。

それは、5月の皇帝の継承に続く皇帝の玉座式の主要なイベントでした。 180各国の指導者と代表者が参加し、司法長官、立法府、行政機関、社会のさまざまな部門の代表者が参加しました。

式典は13h頃に始まりました。 皇帝は、伝統的に皇后の護法と呼ばれる皇帝が着ていた正式な裁判所の服を着て、「今では西田州庁舎で即位式典を開催し、国内外の人々への即位を宣言しています」と宣言しました。

彼はまた、国家の象徴としての責任を果たし、国民の幸福を祈ると約束した。

安倍Shin三首相はお祝いの言葉を捧げ、参加者は称賛した。

皇后は、平安時代(8世紀から12世紀後半)の儀式用チュニック、ジュニヒトーを身に着けていました。

今夜、宮廷での宴会が始まります。 帝国の自動車行列は、11月の10まで延期されました。

ソース: 読売新聞