池袋は10月の26から27コスプレイベントを開催します

人気のコスプレフェスティバルの第6版は、首都の「オタク」サブカルチャーの中心地の1つである池袋地区で、26から10月の27まで開催されます。

2014で開始された池袋ハロウィンコスプレフェスティバル2019は、主にニコニコ動画共有サービスのDwango Co.とアニメチェーンのAnimate Ltdで構成される実行委員会が主催する大規模なイベントです。

毎年、世界中の20.000コスプレイヤーがフェスティバルに参加しています。 2日間のイベントには、105.000で記録的な2018の参加者が集まりました。

祭りは駅の東口を中心に行われます。 このエリアは、主に女性ファンを対象としたアニメやマンガの店がいっぱいの「乙女ロード」を中心に、オタクとオタク文化のハブとなっています。

コスプレイヤーは祭りの期間中、服を着た街を歩き回り、さまざまなイベントやアクティビティが同時に開催されます。

今年のメイン会場は、新しく改装された中池袋公園です。

詳しくは、次の公式Webサイトを参照してください。https://ikebukurocosplay.jp/en/).

ソース: 朝日