茨城でESports Festivalが注目

一部の選手は「アスリート」と見なされることを恥ずかしく思うかもしれませんが、今井貴典は武道家と見なされることを気にしません。

27の今井は、全国スポーツフェスティバルで開催された最初のビデオゲーム大会で茨城県を代表し、日本のeスポーツのようなコンピューターゲームを受け入れるソーシャルドライブを促進しました。

「ビデオゲームのプレイヤーは、相手の動きに対応するために、小攻撃か大攻撃かを迅速に決定する必要があります」と今井氏は語った。 「私たちは、彼らのように即座に判断を下さなければならないので、武道家と同じです。」

「ビデオゲームは頭を悩ませ、疲れ果てます。 プレイはスポーツの一種と考えることができますが、激しい体の動きは必要ありません。 」

すべての600県の合計47代表は、スポーツ大会が甲子園球場での高校全国野球選手権大会などの全国大会として役立つ日を夢見て、eスポーツイベントでスキルを発揮しました。

10月の6では、参加者は国際会議場で「ぷよぷよ」パズルゲームシリーズに参加しました。

センターの今井孝典は、10月の茨城県つくば市で開催された6国民体育祭で行われた「ぷよぷよ」ビデオゲームの最終トーナメントの第1ラウンドに出場します。 (写真:朝日/佐々木亮)

早くから

茨城県のアダルト部門の代表の一人である今井は、広島県の選手と対戦しました。 モニターを見ながら、今井はためらうことなく、プヨを素早く積み重ね続けました。

ゲームでは、同じ色の4つのプヨを接続するとピースが消えます。 同時に削除されるブロックが多すぎると、対戦相手のパフォーマンスがブロックされる可能性があります。 試合に勝った後、今井は深くため息をつき、リラックスした様子でした。

茨城県つくばみらいの会社で電子機器の設計と開発を行っている今井は、4の時代にぷよぷよの演奏を始めました。

彼は高校の卓球部に所属していましたが、今井はスポーツが苦手でした。 今井は高校のクラブには入らず、学校から帰ってから毎日「ぷよぷよ」のオンライン版をプレイしました。

今井は現在、仕事の後週に2、3回、他のインターネットプレーヤーと競争しています。 「ぷよぷよ」の再生の撮影はストリーミングビデオサイトに表示され、彼はコンペや他のイベントに参加してお金を稼いでいます。

「プロ選手」としての彼の並外れたスキルにもかかわらず、今井はナショナルスポーツフェスティバルの最終トーナメントの第2ラウンドで負けました。 大阪府の選手がトーナメントで優勝し、48の選手が参加しました。

茨城県運動会では、「グランツーリスモ」カーレースゲームシリーズと「ウイニングイレブン」サッカーゲームタイトルとともに、「スポーツぷよ」がeスポーツ競技に採用されました。

NUM木県の代表として「グランツーリスモ」イベントで優勝した26の山中智昭は、同時に従業員として働きながら多くの「レース」に出場しました。

山中氏は、毎日のようにホイールを操作しないと不健康になるため、どんなに忙しくても少なくとも1日10分は「運転」していると言いました。 山中はまた、彼は他のタイトルをプレイしないと言った。

「私たちが過去にゲームファンとしてしか見られなかったことを考えると、今の私たちの扱い方は信じられません」と山中は笑顔で語った。 「実を言うと、私はアスリートのように扱われることを恥じています。」

eスポーツが日本で人気に

用語 eスポーツ ゲーム内のプレイヤー間の競争を記述するために使用されます。 米国および韓国で広く受け入れられており、最初のeスポーツデモイベントが2018のジャカルタアジア大会で開催されました。

中国の杭州で開催される2022で予定されているアジア競技大会で、ビデオゲーム競技が正式なイベントとして発表される予定です。

日本では、15.000の人々が全国のスポーツフェスティバルの予選ラウンドに参加したため、eスポーツも急速に広がりました。茨城県によると。

市政府は当初、ビデオゲームのスポーツ性を強調するために、eスポーツ競技を「ショーマッチ」と呼ぶことを検討していました。 しかし、フェスティバルを共催する日本体育協会はこの計画を拒否し、「ビデオゲームをスポーツとして見るべきかどうかまだ決定していない」と主張した。

このため、最後のイベントは市が提供する「文化プログラム」として開催されました。

「今後、ビデオゲーム中毒の問題はeスポーツに関連して対処する必要があるか、eスポーツは運動と見なすことができるかなどのトピックについて議論しますが、プレーヤーは体全体を大幅に動かす必要はありません。 「日本スポーツ協会の従業員を言いました。

このコメントは、5月に世界保健機関(WHO)が行った決定に沿ったものであり、ビデオゲーム中毒は、ゲームを長時間プレイするときの障害であり、他の日常活動に悪影響を及ぼします。

いくつかのマイナス要因にも関わらず、eスポーツは、鹿児島国民体育祭2020と三重県国民体育祭2021にビデオゲーム競技が含まれているという事実を考慮して、さらに人気が高まると予想されます。

大学の芸術と画像科学のコンテンツ産業研究の教授である中村明典は、次のように述べています。「古くから行われている全国運動会で電子スポーツイベントが開催されたため、ビデオゲームをスポーツとして受け入れる勢いが増すでしょう立命館から。

ソース: 朝日