米国は日本との会談中にアジアに新しいミサイルを配備することを検討

軍事関係者によると、米国当局者は日本の相手との会談中に新しい地上ミサイルを展開するというトピックを挙げたが、日本を展開可能な場所として提案したかどうかは不明である。

8月に中距離核軍(INF)条約が終了した後、米国のミサイル配備計画が浮上しました。 トランプ政権は2月、ロシアからの違反を理由にINFから撤退すると発表した。

マーク・エスパー国防長官は、中国が中距離ミサイルを開発および配備するための対策を懸念しているため、米国がアジア太平洋地域に新しいミサイルを配備しようとすると述べた。

米軍高官によると、米政府高官は10月に18で日本を訪問し、国防省、外務省、国家安全局の同僚と会って、さまざまな質問。 当局者は、新しい中距離ミサイルの展開が議題のトピックの1つであると述べた。

米軍将校は、ホルムズ海峡近くのパトロールに米国主導の同盟に参加しないという日本の最近の決定についても尋ねられました。 その代わり、日本は海上自衛隊の船を研究および研究目的でオマーン湾に送る予定です。

当局者は、日本が世界のさまざまな地域の危険な地域の平和と安定に貢献すると確信していると述べた。

ソース: 朝日