日本各地で学校が仕事に復帰

多くの学校は、主に東日本および中部を襲った致命的な台風第19号に襲われ、月曜日に授業を再開し、一部の生徒は避難所を去りました。

宮城県大里市の小学校が、10日間で初めて再開されました。

学校の集会で、生徒たちは台風の犠牲者のために静かに祈りました。それは宮城の内外で多くの川を洪水にしました。 災害による死亡者数は、月曜日現在、日本全国で81でした。

佐々木克己監督は次のように述べています。 友達と遊んで、先生と一緒に勉強することが重要です。」

学校によると、392の学生から、24の家は洪水のような被害を受けました。 一部はまだ避難所にいます。

多くの生徒はクラスで会ったときに喜びを表明し、一部の生徒は体育の授業があることを知ったときに喜びで叫びました。

また、同日、茨城県水戸市の小学校で授業が再開され、那which川の洪水により浸水した。

学区では、洪水が7メートルに達したと考えられています。 学校の生徒の通勤ルートも水没しました。

この地域では水が引いていますが、多くの生徒が両親と車で学校に到着しました。

生徒は、学校に到着したとき、教師に挨拶を積極的に返しました。

須恵敬一校長は、「影響を受けた学生を認識し、できるだけ早く彼らの生活を正常に戻すのを助けることを楽しみにしている」と述べた。

教育省の調査によると、86の初等、中等、中等学校およびその他の機関は、台風後も閉鎖されたままでした。

ソース: ジジプレス

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.