尊厳は即位式に出席する

10月に22で行われた成仁天皇の即位式に出席するために、世界中の国家元首、王族、高官が東京に到着しました。

10月に21の東京の羽田空港に上陸したVIPの1人に、中国の王Qishan副大統領とカンボジアのNorodom Sihamoni王がいました。

中国の王Q山副大統領は、10月に21の羽田空港に着陸し、鳴仁天皇の即位式および関連イベントに出席しました。 (写真:朝日/林俊之)

外務省によると、180を超える国や国際機関が代表者を派遣して、ナルヒトの即位を宣言する即位聖人伝の儀式に出席する必要があります。

その中には、英国のチャールズ皇太子、ミャンマーの事実上のリーダーであるアウンサンスーチー、フィリピン大統領ロドリゴドゥテルテ、韓国首相リーナクヨン、スペインのスペイン国王とその妻、レティシア女王

香港のリーダーであるキャリー・ラムは、10月に21で東京を去りました。

ラムは、香港当局が訴追のために中国本土に犯罪容疑者を引き渡すことを許可する法律を改正する論争のある法案によって引き起こされた長期にわたる広範な抗議への対応を懸念している。

彼女は式典に出席し、10月夜の22に香港に戻る予定です。

ソース: 朝日

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.