台風による被害が¥70,4億に達する

日本の農業、林業、漁業に対する最近の超台風による被害は、月曜日の午後に70,49億円に達しました、と農業省は言いました。

この値は、台風36の被害を受けた47都道府県からの19レポートに基づいています。XNUMXは、リンゴや他の作物、ならびに灌漑用水路や港などの施設に深刻な被害をもたらしました。

長野や福島をはじめとする7,47県では、キャベツ、きゅうり、その他の野菜や水田の畑が多数あり、農作物の被害は28億円に達しました。

農地や農業施設の被害は、37,23県で26億円でした。

台風は岩手県や宮城県を含む73県の12漁港を襲い、合計で6,63億円の被害をもたらしました。

昨年の西日本を襲った豪雨により、農林水産業に約340十億円の損害が生じました。

ソース: ジジプレス