気象庁はより多くの雨と地滑りのリスクを警告

日本の気象庁は、東京と長野北部の人々に、火曜日の大雨が、致命的な台風から回復した地域を含め、洪水と地滑りを引き起こす可能性があると警告しました。

気象庁は、東京では波と雷雨の可能性があり、長野市を含む東京北西部の長野県の一部で洪水と地滑りの可能性があるため、一日中大雨が予想されると述べた。 。

当局はまた、公式の警告が出されていない地域でも地滑りや洪水が発生する可能性があると警告した。

台風ハギビスは今月初めに北と中央の日本を襲いました。 特に長野、福島、宮城がヒットしました。 政府の災害管理局は、月曜日に、70の死亡は台風によるものであり、12の人々は行方不明であると述べた。

台風による豪雨により、川が溢れたり、数十箇所のダムが破損したりしました。

リンゴ、キャベツ、キュウリなどの作物もひどく損傷しています。 農業被害は70億円と推定されました。

10インチの雨が予測される宮城県は、台風被害地域は通常は危険ではない雨量に脆弱である可能性があると住民に警告した、と市当局は述べた。

ソース: AP通信