避難中に数人の犠牲者が死亡した、と研究は述べている

台風81で殺された19の4分の1は、10月の週末に東日本を襲った東日本を襲った雨の間に避難または家に帰ろうとして、車で死亡しました。

台風が発生してから1週間後の10月、19では10人がまだ行方不明でした。

81の死亡は、政府と地方警察へのインタビューに基づいた朝日新聞の計算によると、東京と11県で確認されています。

福島県で30人、宮城県で17、神奈川県で14が死亡しました。

死者のほとんどは、嵐によってもたらされた豪雨による洪水または地滑りによって引き起こされました。

神奈川県の相模原の緑の翼にいる4人家族を含む21人の犠牲者が洪水の間​​に車で移動していました。

12 10月の夜、道路の一部が倒壊したときに、家族は車に乗って腫れた川に衝突しました。

福島県郡山で、川の上の車で3人家族の遺体が発見されました。 彼らは、暗くなってから家に帰ると信じられています。

同じ県の南相馬では、25歳の政府高官である大内良平が、10月の13の早い時間に死亡しました。 彼はその時に家に運転していたが、彼の車は道路で動けなくなった。 彼はなんとか車から降りたが、洪水の中を引きずられた。

この台風は、10月の12の夜に関東地方の土地を襲い、10月の13の早い時間に東北地方に向かって北東に移動しました。

台風による視界不良のため、夜間の運転はさらに危険になりました。

運転手と乗客の21の死亡に加えて、27の人々は家の中で死亡し、22の遺体は屋外で発見されました。 残りの犠牲者の場所は不明でした。

屋内で亡くなった人の多くは1階にいました。

12 10月の夜に避難警告が広大な地域に出された福島県では、14の人々が浸水した家の中で死亡しました。

6人は平屋に住んでおり、4人はアパートや公営住宅の1階に住んでいた。

地元当局によると、犠牲者の一部は高齢者であり、歩くことが困難でした。

屋外での死亡の多くは、移動中または仕事中の人々に関するものでした。

ソース: 朝日