パンクラス309の結果とハイライトを東京で日曜日に開催

Pancraseは、日曜日(10月20)に、日本の東京のStudio Coastで開催された別のファイトカードPancrase 309で再び戻ってきました。
(UFCの登場前の)現代の世界MMAの先駆的なプロモーションの1つであるPancraseは、現在、ONEチャンピオンシップとも提携しています。

メインイベントでは、Bellatorのスリリングでベテランの小林功(25-5-4)が最後の男、Kyle Aguon(13)と戦ったフェザー級タイトルの戦いがありました。 -8)今回は、「Kams of Pancrase」というタイトルでプレイするグアム。
最終的に小林勲は分割決定で勝ち、フランチャイズのフェザー級タイトルを保持しました。

共同メインイベントでは、日系ブラジル人のエース、アラン・ヤマニハ・ヨシヒロ(16-8-4)がヒートチャンピオンの春日井猛(25-7-1)と対戦しました。 この戦いのチャンピオンは、現在ワンチャンピオンシップの旗の下にあるこの戦いにもかかわらず、現在ブラジルのラファエル「モルセゴ」シルバが保持しているバンタム級タイトルに異議を唱える権利があります。 やまには最終的に3人の審査員全員の全会一致の決定で勝ちました。

ブラジル人といえば、アラカジュ-SEの北東カロル・ナシメント-日本の報道機関から「アン・カロリン」と発表された-(6-7)は非常によく戦い、日本のエミコ・ライコとの最後の数秒までベストを尽くしました(9-6)が、裁判官の分割決定により最終的に負けた。

このカードの他のブラジル人、Tatiane Fontes-Tati "Brutus"のニックネームで知られています-(4-1)はプロモーションの新参者でしたが、最終的には分割決定と終了により、対戦相手の東洋子(4-2)を破りました地元のアスリートの4戦連続優勝。

元パンクラス「ミドル級王」三浦宏光(13-7)は、27ヶ月を辞任した後、同チームに勝利を収めました。山下(68-14-9)。

ショーのもう1つのハイライトであるクロアチアのアレクサンダーラカス(16-7)は、第2ラウンドでライオンキラーで日本の高木健太(17-18)を終え、パンクラスで印象的なデビューを果たしました。

Pancrase 309は、UFC Fight Passで「ライブ」ブロードキャストを行いました。
Pancrase 309の完全な結果には以下が含まれます。

パンクレアス309
20 10月2019
スタジオコースト
東京、日本。

メインカード
小林勲はパンクレースのフェザー級タイトルを防衛する分割決定でカイル・アグオンを破った
アラン・ヤマニハ・ヨシヒロは全会一致の決定により春日井猛を破った
Tatiane Fontesが東洋子を分割決定で破った
ライカ・エミコがアン・カロラインを分割決定で破った
三浦宏光が1への最初のラウンドノックアウトで山下豪太を破った:08
アレクサンダー・ラカスは2への提出(ライオンキル)で高木健太を破った:ラウンド2からの02
平真一が全会一致で安倍右京を破った

予備カード
分割決定でT訪部哲平が井関亮を破る
伊達譲は全会一致で藤井徹を破る
岡野達樹が中島優馬を分割決定で破る
立花suke介が大城正也をノックアウト(パンチ)で3:32にラウンド2で勝利

*コラボレーターOriosvaldo Costaからのテキスト。 | 21 / 10 / 2019で書かれています

戦いの前日、計量中のブラジル人。 (礼儀|クレジット:Pancrase | Gong Kakutogi)。