日韓の便価格が1.000円に下がった

低コスト航空会社は、日本と韓国を円1.000($ 9,21)に接続する往復フライトの価格を、東京とソウル間の外交紛争の中で必死に席を埋めようと試みて値下げしました。

韓国の航空会社は、昨年、二国間紛争が勃発し、国間の航空路の一部が既に停止されて以来、日本行きの乗客数が激減しているのを見てきた。

ただし、航空会社の低価格は、チケット販売から利益を得ようとするよりも、日本の空港での到着時間と出発時間を維持することを目的としているようです。

価格はすでに観光部門で眉を上げています。

「これは信じられない」と東京の旅行会社Airplus Co.の従業員である遠山幸典は運賃について語った。

同社は、主に航空券を低価格で提供するenaというWebサイトを運営しています。

航空券の購入を担当している富山、50は、8月の先週、チケットの価格に何か問題があると感じ始めたと語った。

通常、大阪とソウル間の往復便の最低価格は6.000円から7.000円です。 現在、韓国の2つの航空会社であるAir Seoulで1.000円、Eastar Jetで1.200円の費用がかかります。

料金は予約料金によって毎日異なります。 しかし、福岡とソウル間の往復便の価格は約3.000円まで下落しました。

韓国からの別の低コスト航空会社であるT'way Airは、同じ往復航空券に対して2.000円を請求します。

「福岡発着便の価格は特に下落しており、この傾向は大阪と成田行きの便に影響を与えています」と富山氏は語った。 「人々は、冬休み前なので、11月の海外旅行を避ける傾向があります。 したがって、これにより価格がさらに低下する可能性があります。

「韓国への旅行を考えているなら、今がその時だ」と彼は言った。

外交紛争は、昨年10月に韓国最高裁判所が日本企業に元戦時労働者への賠償を命じた後に始まった。 日本はこの決定を拒否し、それ以来、紛争は貿易と安全保障の分野に広がった。

韓国を訪れる日本人の数は、実際に行列の間に増加しました。

しかし、韓国人は日本への旅行をますます避けています。

日本政府観光局(JNTO)によると、201.200の人々は9月に韓国の日本を訪問しました。これは、前年同月の58,1に比べ479.733%の減少です。 中国とシンガポールから日本への旅行者の数は、年々二桁の割合で増加しました。

T'way Airは、8月から佐賀、大分、熊本、鹿児島との往復便を停止しています。

「韓国から日本への旅行者は、4つのルートすべてで乗客の90%を占めています」とある会社の関係者は述べています。 「それは私たちにとって難しい状況です。」

T'way Airは、福岡空港からソウルと大egまでの3便を引き続き運航しています。 1.000円で両方の目的地への片道チケットを提供するキャンペーンを開始しました。

航空会社の価格が非常に安いのは、福岡空港の発着時間に限りがあるためです。

航空法により、当局は安全性を確保するために一定期間内の到着と出発の回数を制限することができます。 福岡、羽田、成田を含む5つの空港は、これらの規制の対象となる「忙しい空港」として指定されています。

福岡空港は現在、1時間あたりの35の到着と出発の制限があります。

国土交通省の国際航空輸送部門によると、航空会社と空港は毎年夏と冬にフライトのスケジュールを変更し、到着と出発がこの数に収まるようにします。指定されたスロット。

特に混雑している空港では、航空会社は、旅客の積荷を含む運航記録が指定された基準を満たしていない場合、割り当てられたフライト数を運航する権利を失う可能性があります。

特に人気のある空港でスロットを奪い合う航空会社の間では、競争が激しくなっています。 航空会社は、スロットを現金と牛のルートに維持するために、定期便の運航を続けなければなりません。

「私たちは個人的な興味を失いたくありません。 そのため、良好な運航記録を得るためにフライトサービスを継続する必要があります」とT'way Airの従業員は述べています。

ソース: 朝日