多数のボランティアが台風No. 19の犠牲者を助けます

10月に12で東日本を荒廃させた台風から地域を回復するために週末に多数のボランティアが集まり、多くは過去の災害で受け取った援助を返済しました。

これらの努力にも関わらず、台風第19号によって引き起こされた大規模な洪水やその他の被害から回復するために必要な人手は依然として不足しており、80人以上が死亡しました。

長野県

合計10人の2.530ボランティアが長野の20 10月に集まり、そこで千曲川がその堤防と都市の一部をflood濫させました。 15ボランティアのグループは、52歳の山口E子の家の掃除を手伝いました。

「ボランティアは良い気分で、それが私を勇気づけました」と山口は言った。

地元のコミュニティセンターのディレクターである71の藤倉喜一は、スポーツイベントに参加する予定の大規模なグループとともに到着しましたが、支援のためにキャンセルされました。

「1日でできることは限られています」と藤倉氏。 「課題は、冬が来る前にできることです。」

宮城県

宮城県丸森市では、10月に500で約10人が20に集まり、家から泥を取り除き、家具を運び、瓦debrisを取り除きました。

福島県から来た41の鹿野正幸は、丸森県の南1の都市にある住宅で水浸しの引き出しとマットレスの輸送を手伝いました。

千葉県富津市の鹿野さんの実家は台風第15号で被害を受け、熊本ボランティアが倒木を一掃してくれました。

「(台風の被害者のために)できることをしたかったのでここに来ました」と彼は言った。

58の支援を受けた2011の大tsuki文子は、東日本大震災がXNUMXの東部で発生したため、市内の自宅を失いました。 彼女は市営住宅に引っ越しましたが、1月に夫が亡くなったため、困難な時期がありました。

宮城県名取にある農業学校の野球部の15人のメンバーも、丸森で支援を行い、シャベルを育てて運ぶためのオーバーオールを着用しました。

他の清掃作業の中で、彼らはテーブルや洗濯機などのアイテムを、台風のために浸水していた88の谷水At氏の家から持ち出しました。

3年前に妻を亡くした谷水は、浸した敷物などのアイテムは重いと言いました。 彼らが訪れた若者たちは大きな助けを提供してくれました。」

野球チームの練習場は浸水し、2011の地震と津波により機器が持ち去られました。 彼らは、日本中の人々から提供された他の学校の敷地や備品を使って練習を再開しました。

39チームマネージャーの赤沢徹は、災害後に他の人々が示した寛大さを思い起こして、彼のチームが練習ゲームをキャンセルしてボランティアをすることを決定しました。

「野球の練習の前にやらなければならないことがある」と彼は言った。 「私たちがプレーできることを助けてくれた人々のおかげです。」

16のチームリーダーである松井俊介は、次のように述べています。「私たちは、2011の地震と津波の後に私たちを助けに来た多くのボランティアのジェスチャーに報いたいと思っています。

「彼らの寛大さなしには野球をしないことを改めて実感しました。」

ソース: 朝日