病気は東北の樹木に影響を与え、ユネスコの遺産を脅かす

病気は木々をユネスコの世界遺産の近くでしおれさせ、地元の生態系を脅かし、青森県と秋田県の境界にある有名な紅葉を台無しにします。

航空写真では、白神山地のfootにある森林の葉が赤くなって枯れていることがわかります。これはこの病気の兆候です。

条件は、Rembaelea quercivoraとして知られている型のカビを体に運ぶアンブロシアカブトムシによって引き起こされます。

カビは、オーク、チンカピン、および他の種類のオークなどの広葉樹の幹に侵入し、内部の水の流れを遮断します。 これにより、木が枯れます。

青森県政府によると、7月85から6月2016の間に、県の深浦町で病気の影響を受けるのは2017樹木のみであることが確認されています。 しかし、その数は7月の2.409から6月の2018まで、突然2019に増えました。

病気に対する効果的な予防策がないため、感染した木は伐採またはfu蒸する必要があります。

しかし、木は一つずつ扱われる必要があります。 また、急斜面や山間部にある感染した木に対処することは非常に難しく、病気のdisease延を完全に防ぐことはほぼ不可能です。

当局は、この状態が1993でユネスコによって世界遺産に指定された白神山地の中心部に到達し、地域の生態系に損害を与える可能性があることを懸念しています。

55年以上白神で動植物を研究している非営利組織のメンバーである10浜田律子は、日本のオークナッツはクマとネズミの主要な食料源であると述べました。

「木がしおれ続けると、白神山地の生態系全体のバランスが損なわれる可能性があります」と浜田氏は語った。

92のマサ・アボは、熊本の大越地区に住み、サツマイモと白いジャガイモを栽培しています。木病により森から追い出されたネズミの大群が近くの人間の居住地に侵入していると言いました。

「私が慎重に栽培した作物はネズミに噛まれました」と、農業分野でのジャガイモへの前例のない被害について言及して、Aboは言いました。 「山には何も食べられないかもしれません。」

ソース: 朝日

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.