気象庁、台風第20号のアラートを発行

台風20は、10月の21の朝、日本の本州である本州に接近していたと気象庁は述べた。

当局は、最近の台風19の被害を受けた地域の人々に安全対策を講じるよう警告し、わずかな雨でも被災地の洪水のリスクを高める可能性があると述べました。

22の10月までに、台風は本州の南の海に到達すると温帯低気圧に格下げされる可能性が高いと同局は述べた。 しかし、静止した前線で北上し続けます。

東北の北東にある西日本の広い地域では、10月に21から23に大雨が降ります。

10月には四国南部から東日本にかけて、10月には21と22の間、10月には東北地方の22と23の間に激しい雨が降ります。

台風21も海から日本の南に北上しており、10月に26の関東地方の海域で温帯低気圧になると予想されています。

ソース: 朝日