ホームレス後の行動に対する日本の最高の誓約は避難所から禁止されている

日本の安倍Shin三首相は、台風ハギビスが東京に進出した際に、2人のホームレスがシェルターへのアクセスを妨げられた後、行動することを誓った。

土曜日に激しい嵐が日本の本島を襲い、強風と大雨が200川を超えて溢れ、何千もの家屋が浸水、損傷、または無力になりました。

政府のデータによると、少なくとも53人が死亡しましたが、共同通信は69の死者数を推定しました。

2人の男性は、東京の北の台東にある避難所に避難を求めたが、避難所は区民向けであったため、撤去された、と台東の広報担当者は語った。

安倍首相は議会に、男性は難民であるべきだと語った。 「被災者の命を守るためにシェルターを作成する必要があります。 被災者全員をシェルターで受け入れることが望ましい」と彼は述べ、同様のケースを防ぐための措置を講じると付け加えた。

地元メディアは、火曜日に首都の別の地域の浸水した川の近くで、ホームレスの男性が死亡したと発表した。 警察は彼が川の近くに住んでおり、洪水でin死したと疑っています。

政府によると、東京では約1.100人の睡眠不足があり、日本のホームレス人口の4分の1を占めています。

火曜日、救助者はまだ20行方不明者について探していました。 30.000人以上が月曜日の終わりまでにまだシェルターにいました。

東京の中心部では、ビジネスは正常に戻りつつあるようであり、洪水が沈静化した地域の住民は澄み始めましたが、長野、福島などの影響を受けた地域は依然として浸水していました。

安倍首相は、暴風雨が最も被害を受けた地域に永続的な影響を与える懸念があると述べ、住民への支援を約束した。 彼は議会に、政府が500億円(3,6億)の2019予算の特別準備金から災害対応に資金を提供しており、必要に応じて追加の資金を提供できると語った。

福島では、11原子力災害後の除染作業の一環として除去された汚れと放射性残骸を含む2011バッグが2つの外部一時保管場所から洗浄され、下流で発見されたと環境省は報告しました。

省は、不浸透性のバッグは無傷で漏れていないため、リスクはないと主張したが、当局は将来的に予防措置を講じると述べた。

ソース: 保護者