台風No.19により50人以上が死亡、数百人がまだ行方不明

強力な台風第19号は東日本、東海、関東、東北地方を横断し、日曜日の早朝に太平洋を横断しました。

読売新聞によると、15hから始まります。 月曜日に、台風は52市役所の11の人々を168の傷で殺しました。 16人が行方不明です。

台風により、長野県の千曲川と福島県の阿武kuma川が堤防を破壊し、低地の多くの家屋が浸水しました。

日本の地理空間情報局は、川周辺の洪水の深さを示す影響地域の地図を発表しました。 洪水は、千曲川の近くで4,3メートル、阿武kuma川の近くで5,2メートルの最大深度に達したと考えられています。

当局は、国土交通省のヘリコプターが撮影した静止映像とビデオ映像、およびインターネットに投稿された写真を分析しました。

福島県いわき市で、日曜日の朝に東京消防署のヘリコプターで水没した家から運ばれていた77の女性が、40メートルほど地面に落ちました。 その女性は病院に運ばれたが、けがで死亡した。

消防局によると、その救助隊は福島県の要請により派遣された。 乗組員は、女性をヘリコプターに持ち上げるために使用したベルトを適切に固定できなかったと考えられています。

台風の後に大規模な停電が発生しました。 東京電力ホールディングスは日曜日、東京、To木、群馬、茨城、埼玉、山梨、静岡県で月曜日までに電力が回復すると予想していると述べた。

神奈川県と千葉県も深刻な停電に見舞われました。 ほとんどの地域で、水曜日までに電力が回復する予定です。 ただし、千葉県の市原、鴨川、鋸南、富津の一部の地域では、10月頃まで電力が供給されない可能性があると考えられています。

ソース: 読売新聞