台風No. 19は大規模な洪水とオーバーフローを引き起こします9 Rivers

10月に台風19が12から13に日本を襲ったとき、いくつかの洪水が報告され、記録的な降雨により、東京、静岡、埼玉県を含む多くの場所で川があふれました。

地球省は、中央政府と市役所が運営する9本の川が、午前中の6から10月の13までのさまざまな地点で溢れたと述べた。

12 10月の夜の首都の世田谷棟では、玉川が堤防から溢れ出し、住宅地や道路が浸水しました。

10月の朝、13で長野の千曲川が崩壊した後、住宅地が浸水した(写真:朝日/遠藤真理)

千曲川は長野県の長野と上田、静岡県菊川の牛b川、埼玉県東松山の時川に侵入しました。

国土省北陸地域開発局によると、10月に13から15で千曲川の水位が上がり、川のほとりが崩壊し始めました。

13の早朝、長野地区の多くの家屋が浸水し、住民は助けを求めて屋根やバルコニーにとどまることを余儀なくされました。

省の当局者はまた、いくつかの護岸が崩壊し、沿岸地域では被害が深刻であると述べた。

宮城県では、南部県の町丸森とその支流を流れる阿武川がaries濫しています。

市役所は、浸水した建物を含む、市内の多くの地区を離れた洪水が隔離されたと報告しました。

浸水した道路と地滑りも周辺で観察されました。

10月、13で長野の浸水した住宅の住民を自衛隊のヘリコプターが救助(写真:朝日/遠藤真理)

市の役所は洪水を免れましたが、市内の停電により電話は死んでしまいました。 3.300のタウンハウスについては、10月の12の夜にサービスが不足していました。

自衛隊および消防隊員が救助活動を実施しました。

宮城県石巻市の水沼地区では、60h以来21歳の男性が亡くなっています。 12 10月。

市の危機対策部門によると、男性は他の住民と一緒に近所をパトロールして、道路の倒木をチェックしていました。 他の人が彼が行方不明になっていることに気づいたとき、男は列の後ろを歩いていました。 男は滑って近くの小川に落ちたと考えられています。

市警によると、丸森の人は心肺停止になり、病院に運ばれたという。

ソース: 朝日

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.