日本の新興企業が災害用水を提供する革新的な方法を開発

日本の新興企業は、特に台風や地震の影響を受けやすい国の災害時に人々にきれいな水を提供するための革新的なシステムを開発しています。

首都の近くの千葉県の住民は、9月に大規模な停電と水の停電を引き起こした強力な台風Faxaiに苦しんでおり、水の準備が大きな問題として浮上しています。

「災害時に人々が日常の活動のためにまだ水を利用できるようになることを願っています」と、東京のウォタ株式会社の事業部長である前田洋介は述べました。

東京大学が立ち上げたスタートアップは、ウォタボックスと呼ばれる風呂排水リサイクルシステムを開発しました。これは多くの災害で効果的であることが証明されています。

内閣避難所の管理ガイドラインでは、特に災害時の健康と衛生に不可欠なものとして風呂を挙げています。

同社は、熊本県およびその周辺で発生した2016の大地震、2018での西日本の大洪水、2018で北海道を襲った大地震の影響を受けた人々にシェルターシャワーサービスを提供しました。避難所は言った。

人工知能技術と、逆浸透膜やカーボンフィルターなどのさまざまなフィルターを利用して、システムは排水の最大98%をリサイクルできます。

平均的なシャワーは40から50リットルの水を消費しますが、Wota Boxは100リットルの水だけを使用して100人までの人にシャワーを提供できます。

「広く使われれば、コストは下がるだろう」と前田は言った。完全な災害シェルターパッケージの製造業者の小売価格5百万円を参照して。 「私たちはすでに、背の高いマンション開発業者と管理協会から相談を受けています」と彼は言いました。

1人が1日あたり3リットルを消費すると仮定すると、人々は家に3日間の水を貯めることをお勧めしますが、スペースが限られているため、ペットボトルに十分な水を貯めることは家族、特に大家族にとって困難です。

西日本の和歌山県のアクアテクノロジープラスは、商業化のための貯蔵タンクを備えた浄水器を開発しました。 150リットルのステンレススチールタンクは通常、毎日使用するために浄水器を通過する水道水を保管しますが、地震が発生すると、バルブが自動的に閉じてタンク内に不純物が入らないようにします。

「災害が発生する前に準備ができていて、災害に強いコミュニティの構築に貢献したい」と、壊滅的な阪神・淡路大震災後の電気復旧作業に携わったスタートアップの戸口茂之社長は語った。 1995の神戸とその周辺。

災害対応の認定エキスパートである戸口は、関西地域で当初600.000円程度の価格で戦車を販売することを検討しており、最終的には全国に拡大することを望んでいます。

別の横浜の新興企業は、すすぎに水を必要としないオーラルケア製品を販売しています。

Trife Incの植物由来成分から作られた低刺激性で安全な嚥下製品は、災害時の歯の洗浄に役立ちます。 それらはゲルとスプレーの形で提供され、それぞれ1.320円と1.100円で販売されています。

これらの製品は元々、高齢者や障害者などのうがいのある人々のために開発されましたが、現在は被災地で使用されています。

虫歯、歯周炎、口臭に対抗するために使用される同社のOralPeace製品には、誤嚥性肺炎、食物、液体、または肺の嘔吐を吸入することで発症する肺感染症と戦う抗菌剤が含まれていると、Trifeの社長は述べています。手嶋大suke。

同社は、熊本の2016地震と今年の台風Faxaiの影響を受けた人々に、シェルターでOralPeace製品を無料で配布しました。 手嶋は、世界中の被災地や将来の難民キャンプを訪問し、彼らの製品を貧しい人々に提供したいと考えています。

ソース: 経堂

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.