Seven&iはフランチャイズ料金を削減します

セブン&アイ・ホールディングスは、3月の7-Elevenコンビニエンスストア・ネットワークでフランチャイジーに請求されるロイヤルティ率を引き下げます。2020は、部門の労働力不足と過度の競争。

その結果、個々の7-Eleven店舗の平均年間利益は約500.000増加しますが、本社は約10億円の減益による影響を受けます。

フランチャイズシステムでは、コンビニエンスストアチェーンオペレーターは、前者が製品やシステムを開発する個々の店舗と契約し、後者は販売やその他の要因に基づいてロイヤルティレートを支払います。

現在、たとえば、自分の土地で7-Elevenストアを5年未満運営しており、製品コストを差し引いた後の総利益が5百万円のフランチャイジーは、ロイヤルティ率で約2,1百万円を支払います。

しかし、これらのフランチャイジーの料金を引き下げる要求が増えており、主に労働力不足に圧倒されています。

来年3月に実施される予定で、月間総利益が200.000百万円以下のフランチャイジーについては5,5円、35.000百万円を超えるものについては5,5ずつ月払いが削減されます。

セブン&アイ・ホールディングスは、収益性の低いフランチャイジーを支援することで、より寛大になることを決定しました。 全国の20.000加盟店のうち、約7.000(3分の1)の粗利益は5,5百万円以下です。

最新の訴訟について、セブン&アイ・ホールディングスの伊坂隆一社長は、人手不足とコストの上昇がフランチャイズ管理を難しくしていると語った。

「フランチャイジーが安心して店舗管理に集中できるシステムを作成する必要があります」とIsaka氏は述べています。

9月末には、セブン-イレブンジャパンが運営する国内コンビニエンスストアの合計は20.993で、前月から24減少し、5年ぶりに減少しました。 この減少は、労働力不足やその他の要因による人件費の増加により、新しい店舗での会社の定着を反映しています。

これまで、セブン-イレブン・ジャパンは新規出店を通じて継続的に拡大してきました。 しかし、この戦略は転換点に達しました。 同社は、100の2月に終了する会計年度に、新しい店舗の数から閉店の数を引いて計算される増加を2020に制限する予定です。

セブン-イレブン・ジャパンおよびその他の主要なコンビニエンスチェーンのオペレーターは、これまでのところ、特定のエリアに新しい店舗を集中させる、いわゆる「支配的戦略」を使用してきました。 しかし、これにより、同じチェーン内の店舗が顧客を巡って互いに争い、チェーンオペレーターが新しい店舗の出店を制限することになりました。

100ローソンストアが元日に閉店

Lawson Inc.は、1月に主に東京の中心部で100の小売店について実験的に閉鎖する予定です。

この動きは、主に労働力不足のために、フランチャイズオーナーから元旦に締め切りを求める要求への応答です。

会社は、試験結果に基づいて、2021でのメジャーの大規模な実装を進めるかどうかを決定します。

この措置は、フランチャイズ所有者の負担を軽減することを目的としています。 1月1の特定の締め切り時間は、フランチャイジーの所在地と状況に応じて個別に決定されます。

ソース: 読売新聞