ONEのIおよびIIカードの結果とハイライト:“ Century”世紀

ONEチャンピオンシップは、100エディションを記念して2部構成の「カード」を宣伝しました。これは、日曜日(10月の13)に東京の象徴的な国技館で開催されました。
プログラムのハイライトは、カナダのアンジェラ・リーの奉献とアウン・ラ・サンとブランドン・ベラの激しい戦いでした。

アンジェラリーは2つの連続した損失から来ましたが、ONEのメインイベント「Century」-パート1で中国のXiong Jing Nanを破って、最近の不幸を逆転させることができました。
まだアンジェラの所有である女性原子重量チャンピオンのタイトル(1で52,2 kgまで)がかかっていました。
彼の対戦相手である中国のXiong Jing Nanは、昨年3月の世界女子ストローウェイトチャンピオンシップ(56,7 kgまで)のタイトル争いでMMAプロとしての最初の敗北を担当しました。

しかし今回は、第5ラウンドの終わりまで12秒しか残さずに、Xiong Jing Nanに復byすることで再戦を果たしました。 それは二人の戦いであり、リーの勝利は審判の得点に関する不確実な運命から彼女を救った服従(ライオンキラー)によってもたらされました。
リーは体重管理にストラップを付けることで、2つの異なる体重カテゴリーで同時に世界チャンピオンになろうとするXiongの試みを阻止しました。

共同メインイベントでは、Demetrious JohnsonがフィリピンのグラップラーDanny Kingadを3ラウンドで支配した後、ONEフライ級トーナメントのチャンピオンに選ばれました。
「Mighty Mouse」という愛称で呼ばれる元アルティメットファイティングチャンピオンシップチャンピオンは、相手にキムラなどのフィニッシュを試み、必要に応じていくつかの背中と散発的な攻撃を仕掛けることで相手を脅かしました。 便宜者は全員一致の決定により彼に勝利を保証した。
Fly GPの勝者として、Demetrious Johnsonは、ONEのカテゴリーの現在のチャンピオンであるブラジルのアドリアーノモラエスと対戦する権利を獲得しました。

クリスチャン・リー(アンジェラ・リーの兄弟)は、10日前にライト級GP決勝で元UFCチャンピオンのエディ・アルバレスを交代させ、セイジド・グセインを3ラウンドにわたって圧倒し、全会一致の決定で勝利し、結果を勝ち取りましたキム・デファンを破った若松裕也の戦い。

元UFC大神勇信は、分割決定によりアギラン・タニをパスした。

このONEの最高のノックアウトに関しては、「センチュリー」-パート1(私たちの意見では)は、ジェーントッドが頭にハイキックでエカテリーナヴァンダリエヴァをノックアウトしたときに女性を主演していました。

1世紀の「センチュリー」-パート2は、フランチャイズライトヘビー級チャンピオンのアウンランサンと元UFCチャンピオンのブランドンベラの激しい闘争を特集しました。
「メインイベント」にふさわしい戦いは、Vera(42歳、アウンよりもはるかに大きい)がウィングスパンを使用して距離をコントロールし、身体に良いキックを入れることから始まりました。

決闘は第2ラウンドでピークに達し、Nsangは旋回する肘でベラを打った。 ヴェラは報復を試みたが、最終的に「ケージ」グリッドに押し付けられ、そこではサンが一撃を放ち、審判は3:23の戦いを止めざるを得なかった。

この2枚目のONEカード「Century」の共同メインイベントでは、ベテランの青木真也がフィリピン人のホノリオバナリオとの戦いを54秒で終え、勝利に戻った。 地元の人々の多大なサポートにより、日本人はMMAの記録を44の勝利に引き上げました。

ONEの「最大のライバル」かもしれないが、ブラジルのビビアノフェルナンデスはケビンベリンゴンにチャンスを与えず、非常に堅実なゲームを見せ、相手にスペースを与えず、多くのプレッシャーをかけた。 第2ラウンドの美しいクラッシュの後、彼はタンポポの殺人者でフィニッシュに達し、バンタム級の世界チャンピオンの称号を獲得しました。

したがって、ビビアーノフェルナンデスは、彼の最大のライバルであるケビンベリンゴンとの「クアドリロジー」(または彼が好む場合は「テトラロジー」)を締めくくります:2-1-1カンフー戦闘機の全会一致の決定。
これは、MMAでのマナウアラのキャリアにおける24NUMの勝利でもありました。

完全な1つの結果は次のとおりです。「Century」パート1およびパート2。

ワンチャンピオンシップ「センチュリー」の結果-パート1:

MMA:
アンジェラ・リーがサブミッションでタン・ジンナンを破った(タンポポの殺人者)-ラウンド5、4:48 [女性原子量タイトルファイト]
Demetrious Johnsonが全会一致の決定によりDanny Kingadを破った[Flyweight Grand Prix Final]
クリスチャン・リーは、全会一致の決定でサイギド・グセイン・アルスラナリエフを破りました
若松裕也はキム・デファン・キムを全会一致で破り、
分割決定で大神勇信がアギラン・ターニを破った
平田五木が石毛理香をアームロックで破る-第2ラウンド、4:41
リト・アディワンが池田千蔵をTKOで破った(腕の怪我)-第1ラウンド、1:57
チャン・ミンユンが提出によりPhoe Thawを破った(Lion Blast)-最初のラウンド、3:17
ウォン・イル・クォンがスノト・ペリングキャットをTKOで打ちました(パンチ)-第1ラウンド、1:43

ムエタイ:
ジャネット・トッドがノックアウトでエカテリーナ・ヴァンダリーヴァを破った-ラウンド2、2:20
Sam-A GaiyanghadaoがDarren Rolandをノックアウトで破った-ラウンド2、1:20

ワンチャンピオンシップ「センチュリー」の結果-パート2:

アウンランサンはブランドンベラをTKO(パンチ)で3に打ちました:ラウンド2からの23 [ライトヘビー級タイトルの戦い]
0:54でのチョークで青木真也がHonorio Banarioを破った
ビビアーノ・フェルナンデスがケビン・ベリンゴンを2への提出(ライオンキル)で破りました:ラウンド2からの16 [雄鶏のタイトルの戦い]
Rodtang Jitmuangnonが分割決定でWalterGonçalvesを破った[Muay Thai Lightweight World Championship]
ジョルジオ・ペトロシアンが全会一致の決定でサミー・サナを破った[キックボクシングフェザー級世界選手権]
アルジャン・ブラーが全会一致の決定でマウロ・セリーリを破った
山口芽衣が全会一致でジェニー・ファンを破った
猿田洋介が北方大地をノックアウト(パンチ)で0:59にラウンド2で勝利
佐藤翔子はラファエル・シルバをTKO(パンチ)で4に打ちました:ラウンド2の30
手塚裕之が全会一致でエルナニ・ペルペトゥオを破った
久米貴sukeが満場一致で松本甲志を破った

*コラボレーターOriosvaldo Costaからのテキスト。 | 14 / 10 / 2019で書かれています