プログラムが日本アルプスのLa脚類の数を増やす

絶滅危special種の特別な自然の宝であるシロトカゲの数は、北岳山での5年間のケージ保護プログラムで3,5増加したと推定されています。

1980の10年で、63メートルの山の周りに3.193のペアのナマコが見られました。

しかし、2015ではカップルの数が9に減少し、23では鳥の総数が推定された、と研究者は発見しました。 その年、ケージ保護プログラムが開始されました。

このプログラムでは、子犬は、捕食者や雨から保護するために、1か月間両親で覆われたケージに入れられます。 最大のケージは、高さ1,5メートル、幅2メートル、深さ4メートルです。

この夏、32カップルが確認され、総人口は80で推定されました。

1か月の保護の後、16匹の18ケージ子犬が野生に放たれました。 8月末、11の子犬が生きていることが確認されました。

「ターミガンが絶滅したトキやコウノトリのようになったら、行動するのは遅すぎます」と、環境省のケージプログラムを担当する信​​州大学名誉教授の中村宏は語っています。 「私たちは今、go脚類の数が減らないようにする必要があります。」

このプログラムでは、子犬と母親はケージから解放され、1日6時間散歩します。

ターミガン家の一人のボランティアが遠くで鳥を見ています。 彼らは子犬が母親と一緒に野生で生き残ることを学ぶかどうか、食べ物を捕まえて危険に気付く方法を見ます。

ボランティアも助けます。 彼らは手をたたいてタカを追い払います。タカは、タコの天敵です。

ケージの保護は、7月の初めから1か月間継続します。

ターミガンロックの子犬は、7月上旬の雨季にhatch化し始めます。 多くの人は、体温を調節できないために雨で死にます。

さらに、近くの里山に住んでいるキツネとミンクは、彼らの領土を山岳地​​帯に広げて、彼らの若者をより頻繁に攻撃しています。

ソース: 朝日