死亡者数が40に上昇、捜索救助活動が継続

日本の救助者は土曜日に土砂崩れを掘り、川の近くを捜索しました。彼らは40を死に至らしめ、中部および北部に深刻な被害をもたらした台風の欠落を捜しました。

台風ハギビスは土曜日に集中豪雨と強風を放ち、日本の本島の何千もの家屋が浸水、損傷、または枯渇しました。

当局は、より多くの地滑りが発生する可能性があると警告し、月曜日の日中に被災地の雨が予報された。

大規模なネットワークから情報を収集している共同通信サービスは、40台風による死亡をカウントし、16行方不明者がいます。 消防庁の公式の数は19が死亡し、13が欠落していました。

天気当局によると、ハギビスはある時点で一定期間にわたって記録的な降雨量を落としたため、20を超える川がオーバーフローしました。 東京の南西にある神奈川県では、過去100時間に48センチの雨が記録されています。

千曲川がflood濫した後の月曜日に、救助者は長野の浸水地域を捜索します。 写真:REUTERS /キム・ギョンフン
救助隊は長野の浸水地域を捜索します。 写真:REUTERS /キム・ギョンフン

通り、畑、住宅地の水の一部が減少しました。 しかし、多くの場所は浸水したままで、その周りの家や道路は泥で覆われ、壊れた木片や破片が散らばっていました。 いくつかの通常乾燥した場所はまだ巨大な川のように見えました。

30.000の人々を収容する避難所に朝のスープを用意する人たちは、彼らが残した家について懸念を表明しました。 生存者と最初の対応者も寒い気候に直面し、北日本は今週冷え込みます。

日本全国から動員された兵士と消防士による救助活動が本格的でした。 ヘリコプターは、水没した家の高層階と屋根からビーチの一部を引き裂くのを見ることができました。

台風ハギビスの後、月曜日に警察は長野の浸水地域を捜索しました。 写真:REUTERS /キム・ギョンフン

安倍Shin三首相は、政府が避難所の人々の支援や水と水の回復への取り組みを強化するなど、台風の影響に対処するために、さまざまな省庁の職員を含む特別な災害チームを設立すると述べた。家庭からの電気。

「私たちの対応は迅速かつ適切でなければなりません」と安倍は述べ、多くの人々が行方不明のままであり、被害が広範囲に及ぶことを強調した。

長野県では千曲川堤防が決壊し、被害は深刻でした。 北部の宮城県と福島県の地域も大洪水に見舞われました。

これらの地域では、救助隊がボートを半水没した各家にパドルし、逮捕された人を呼びました。

東京電力は、56.800の家は月曜日に東京とそのユーティリティがサービスを提供する近隣の県でまだ電気がないと言いました。 東北電力は、5.600の家は宮城、岩手、福島、新潟に電力がないと述べた。

東日本旅客鉄道株式会社は、北陸の新幹線は月曜日に運行していたが、頻度は減り、長野市と東京ルートに限定すると述べた。

水の中に座っている空力的に湾曲した新幹線の画像は、台風による荒廃の悲しいが象徴的な象徴として多くの人に見られています。

長野のクラフト醸造会社Yoho Brewing Coで働く堂本美守は、会社の40の全従業員が安全であることが確認されたと語った。 しかし、配達は一時的に停止し、東京での週末のビールプロモーションイベントはセキュリティ上の理由でキャンセルされました。

「長野で起きた被害を考えると、心が痛む。 誰がこれがそんなに悪く見えると思うだろうか?」彼女は言った。

東京の多摩川も溢れたが、被害は他の地域ほどではなかった。 around木など東京周辺も被害を受けました。

東京の生活の多くは通常に戻りました。 街を回っている人、電車が回っている人、人がいっぱいになると空の店の棚がありました。

ソース: AP通信