映画は、彼の死から数年後の日本の小説家、71の太aza治を表彰します。

20世紀の日本を代表する小説家の一人と考えられている太aza治は、71年での死後も38年の注目を浴び続けています。

今年の生誕110記念日を記念して、太azaの代表作である「もはや人間ではない」に触発された実写映画が日本で上映され、同じ小説に基づいたアニメーション映画が秋にリリースされます。 。

「もはや人間ではない」は、主人公が彼の没落であるアルコールや薬物にどのように依存しているかを報告します。

9月13に劇場公開された同名の実写映画は、 N川実花。 小説がどのように書かれたかを説明するのは、事実にヒントを得たフィクションです。

岩野充(写真:朝日/河合健)

40のプロデューサー池田文次によると、小説映画を作成するプロジェクトは、物語が「時間を超えた普遍性を持っている」ために生まれました。

Director川監督は近年、太azaと彼が関わった女性に強い関心を抱いています。

物語は主に東京西部の三鷹で行われ、作家は1939に移りました。 太azaの家と他の都市の建物は、映画のために複製されました。

主人公の太azaは小栗旬が演じ、宮沢りえは妻のミチコ、澤尻エリカは恋人の太田静子、二階堂ふみは恋人の山崎登美恵です。

1947では、太Dはミチコとシズコと娘をもうけました。 1948で「もう人間じゃない」を書き終えた後、太azaと彼の「最後の恋人」であるトミーは、玉川チャンネルで一緒にdr死して命を落としました。

映画はほぼ忠実に歴史的事実を追っています。

「結局、彼らはみんな幸せそうに見えます」とN川は太azaの生涯の3人の女性について語り、池田は「私たちの伝統的な価値をひっくり返す映画だと思う」と付け加えた。

一方、11月の29で劇場公開を予定しているサイエンスフィクション映画である木崎史典監督の「Human Lost」の主人公は、元の小説と同じように大場洋三です。 しかし、物語は東京の昭和年111で行われます。

昭和は1926から1989まで続きました。

アニメーション版は、経済的格差、環境汚染、腐敗が広がる一方で、医療の進歩により死が征服された社会を示しています。

この脚本は、「天地名作」などで有名な作家、U方Toが書いたものです。

45のエグゼクティブプロデューサー岩野充氏によると、太azaの小説は、国内外で高い評価を受けているため、海外市場向け映画を制作する「インスピレーション」として選ばれました。

元の物語は大胆に再構築され、生と死への深い洞察と文学的な質が生き生きとした適応に受け継がれました。

「太azaをだまさない映画を作りたかった」と岩野は言った。

ソース: 朝日

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.