皇居の大城宮の建設が加速

帝国国内庁は今月末までに大丈夫を行うために建設工事を加速させており、また大jo斎の感謝祭のための部屋のセットを要求しました。 。

式典の目玉である大城宮の儀は、11月の14と翌日の早朝の間に開催される予定です。

大城宮は、東京の千代田棟の皇居東庭にある、現在解体された江戸城の本館の敷地内に建設されます。 サイトは約6.510平方メートルを占有します。

天皇が大儀式を行う雪伝とすきでん、式典の最終準備に使用する施設であるK龍殿など、大小さまざまな30ホールが合計で建設されました。 作業は7月に始まりました。

イーストガーデンズは作品の期間中は一般公開されており、訪問者は作品の進捗状況を見ることができます。

主要な建物の屋根はほぼ完成しているが、まだ雪田駅とすきでんの外側の建設は進行中であり、式典参加者のためのアクシャ施設の建設にはまだ程遠い。

「仕事のスケジュールは厳しい」と代理店の石原秀樹氏は言った。大丈夫が完成したら、大丈夫式はリハーサルするべきだと述べた。 「作業を時間通りに完了するための努力を倍加します。」

ゼミコン清水建設 957百万円、または予定契約価格の約60%で入札することにより、大丈夫ビルド注文を獲得しました。

ソース: ジジプレス