東京で電動スクーターのレンタルを開始

東京の人々は今、東京の電動スクーターを使って歩き回ることができます。 新しいOpenStreet Co.アプリのユーザーは、レンタル用のカラフルな3輪式電話を予約できます。 その後、首都の千代田棟にある地下の高層ビルの駐車場でモペットを捕まえます。

ソフトバンクグループ傘下の自転車共有会社は、9月に20でアプリをデビューさせました。20モペットは東京の4つの23駐車場で利用できます。

1.000円(US $ 9,23)の月額料金で、アプリのユーザーはスクーターの利用可能性を確認して予約できます。 追加の160円は、車両がレンタルされる15分ごとに請求されます。

ユーザーは、スマートフォンを介してレンタル料金を支払い、4つのロットのいずれかで返却できます。

他の企業も、ヨーロッパと米国で人気のある電動モペットとスクーターを関東地方の一部の地域で提供しています。

ドイツに本拠を置くWind Mobility GmbHの日本支社は、3月にスクーターのレンタルサービスを開始しました。

同社は、埼玉と千葉の9箇所で最高速度40 km / hの19車両を提供しています。 電子スクーターのロックを解除するには100円、レンタルするには1分あたり25円の追加費用がかかります。

日本企業も海外シェアリングサービスの成長機会を模索しています。

通信大手のKDDI株式会社 は、アフィリエイト基金を通じて電子スクーター共有ビジネスLimeを提供する米国の運送会社に投資しています。

電子スクーターは日本の法律では電動自転車と見なされているため、方向転換の兆候と兆候がなければなりません。 また、パイロットはヘルメットを着用し、運転免許証を取得する必要があります。

ソース: 朝日